趣味はと聞かれれば淡水魚と答えます!!

このブログではフィールドでのガサガサ・釣りを報告します。メインはお魚さんです。

水族館ー京都水族館(京都府)  120630


2012/06/30 に京都水族館へ行ってきました。

天気は曇ってまして、時々雨が降ってます。




120720-1




120720-2

普通の休日に行ったのですがすごい人でした。

まだ新しい水族館ですからね。

人気があるんでしょう。






まずは、オオサンショウウオ水槽です。

120720-3




120720-4

水槽の前には人だかりです。

水槽に近づくのも一苦労(苦笑)

オオサンショウウオは3匹ほどいました。

残念ながら写真はないです(笑)

水槽には渓流魚も泳いでいました。






次に中流域です。

120720-5




120720-6

オイカワカネヒラヤリタナゴなどが泳いでます。

ゆっくり写真を撮ってるヒマもなし。

めっちゃブレてます(笑)







ペンギンゾーンです。

120720-7

頭上をペンギンがスイスイ泳いでいきます。

でも、魚じゃないからな~。

いまひとつ、魅力が・・・ (; ^ ^)







大水槽です。

120720-8

ここは迫力がありましたよ。

気泡がキレイです。








山紫水明ゾーンです。

120720-9





120720-10

イチモンジタナゴヤリタナゴなどなど貴重な魚が展示されてます。

それぞれ個別の水槽に分けられてます。

ポッテリ太ってますね。

まだ少し婚姻色が残ってました。






こんな雰囲気です。

まだまだ来場客が多いようでゆっくり見れないです。

淡水魚は意外とたくさんいたので私は楽しめました。

小さなお子さんもペンギンやイルカを見て楽しめるのではないでしょうか。

料金は少し高いですが、おもしろいですよ ( ^ ^ )/






スポンサーサイト

テーマ:生き物 - ジャンル:写真

  1. 2012/07/20(金) 23:59:07|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水族館ー桂浜水族館(高知県)  120108


2012/01/08 に桂浜水族館へ行ったときのとこです。


友達と高知へ旅行へ行ったときに少し時間を作って見て来ました。

小さい水族館ですが独特の良さがありますね。



120225-1

入り口です。


浜辺に建物があります。





中に入るとまずはこいつです。

120225-2

土佐金です。

有名な金魚ですね。

屋外ということもあり活性は下がっていて、あまり動きませんね (; ^ ^)








そして、屋内展示のメインはやはりこいつですよね。

120225-3




120225-4




120225-5




120225-6

アカメです。

シャッター撮影が可能だったので試してみると、おお~!!

目が赤くなりました!

確かに”アカメ”です。

しかも、デカイ個体が何匹もいます。

迫力満点です。

これだけでも来た甲斐がありました。

というか、このアカメを見たくて来たんですけどね ( ^ ^ )/










次は、海水ゾーンです。

120225-7

ウツボです。





次に

120225-8

クマノミです。







次に

120225-9

イエローヘッド・ジョーフィッシュです。








次に、

120225-10

ギンポです。





次に、

120225-11

ゴンズイです。




他にも色々いましたが、特に気になったのはこいつらですね。

ギンポは小さくて可愛いですよね。













そして、最後には大物の登場です。

120225-12




120225-13

オオサンショウウオです。

つぶらな瞳で見つめられました(笑)






どうでしたでしょうか??

魅力は伝わりましたか??


あのアカメだけでも十分見に行く価値がありますよ ( ^ ^ )/

ぜひぜひ♪♪




テーマ:生き物 - ジャンル:写真

  1. 2012/02/25(土) 13:36:23|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水族館ー姫路市立水族館  111001


2011/10/01 に姫路市立水族館へ行ったときのことです。


またまた水族館へ行ってきました。

最近、姫路市立水族館がリニューアルされたので、これは行かないといけないですよね~。


111113-1

けっこうでかいです。

実は数週間前にも来たのですがその時は車の大渋滞で諦めました(苦笑)

今回は、反省して電車で行きました。
(駐車場はガラガラでした~)







まずは目的である新しくできた別館へ行きました。

111113-2




111113-3

小川を再現した水槽です。

クロメダカやタナゴ類が優雅に泳いでいます。








111113-4

ほんとに自然を再現していて感心させられました。







111113-5

モリアオガエルです。

まったく動きませんでした。








111113-7

カスミサンショウウオです。

挟まってるんでしょうか(笑)







111113-6

タイリクバラタナゴです。

定番のタナゴですね。








111113-8




111113-9

スイゲンゼニタナゴです。

岡山産らしいです。

生息数の少なくなっている種類ですね。








111113-10




111113-11

イチモンジタナゴです。

やっぱり綺麗ですね~♪








111113-12




111113-13

ハリヨです。









111113-14

カムルチーです。








111113-15

リクガメです。

まさかこんなのまでいるとは!!








屋上のビオトープです。

111113-16




111113-17




111113-18

小さいビオトープですが、クロメダカが泳ぐ雰囲気のいい場所でした。







あまり時間がなかったので本館はさらっとしか見てません。

特に印象に残ったのがこいつです。

111113-19




111113-20

ウミガメです。

ほんとに目の前まで来ました。

大迫力です!!







こんな感じです。

私の目的だった別館をゆっくり見れたのでよかったです。

自然が再現されてて、水槽もきれいだったので見ていて楽しかったです♪♪ ( ^ ^ )/






テーマ:生き物 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/13(日) 13:16:29|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

植物園ー水生植物公園みずの森  110924


2011/09/24 に水生植物公園みずの森へ行ったときのことです。


琵琶湖博物館へ行った後に寄りました。

せっかく来たのでね ( ^ ^ )/



スイレンをメインに撮影してきました。


111103-1







111103-2




111103-3




111103-4





111103-5




111103-6







111103-7




111103-8




ここからは熱帯スイレンになります。

111103-9




111103-10




111103-11



こんな感じです。

ほんとに色とりどりの花が咲いていました。


ただ、私の興味はどうしても水草に向いてしまいました(笑)

スイレンもほんとに色々な種類があるんですね~。


今の家ではスイレンを育てられないので見るだけで我慢です!!



テーマ:花の写真 - ジャンル:写真

  1. 2011/11/03(木) 11:15:45|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水族館ー琵琶湖博物館  110924

2011/09/24 に琵琶湖博物館へ行ったときのことです。


木曽川水園の後に行きました。

前から気になっていた琵琶湖博物館です。

琵琶湖固有の魚には興味がありますよね~。




111023-1

入り口です。





111023-2




111023-3




111023-4

大水槽のカネヒラワタカです。

カネヒラは婚姻色がきれいでした。






111023-5

トンネルになった水槽です。

頭上に水があり、魚が泳いでいるのは新鮮でした。





111023-6

ホンモロコです。





111023-7




111023-8




111023-9




111023-10

タナゴ水槽です。

写真はカネヒラシロヒレタビライチモンジタナゴです。








111023-11

ギギです。

ギギは好きなんですけど、こんなにいると少し怖いですね~(苦笑)







111023-12

タイリクバラタナゴです。








111023-13

タガメです。







111023-14

カゼトゲタナゴです。

こいつもいました。

意外です。







111023-15

カワムツです。

まだ婚姻色が出てました。







111023-16

ゼニタナゴです。

こちらも婚姻色が出てました~♪

初めて見たかもしれません。

ウロコがすごい細かいです。








111023-17




11023-18

ミヤコタナゴです。

尻ビレの鮮やかさはすごいです。

天然記念物です。







111023-19

アユモドキです。

こちらも天然記念物ですね。





こんな感じです。

博物館なんで、琵琶湖に関する資料が色々とありましたが、そちらは省きます。

私にとってのメインはこの淡水魚なんで。


まだまだ婚姻色の出ている魚種もいて、楽しめましたよ。

タナゴ類もたくさんの種類がいたのはよかったです ( ^ ^ )/










テーマ:生き物 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/23(日) 16:23:56|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

水族館ーアクア・トト ぎふ  110923

2011/09/23 にアクア・トト ぎふへ行ったときのことです。


休みを使って、少し遠出してみました。

一泊二日です。

まずは一日目。

岐阜です。

釣りと水族館がメインだったのですが、高速が激しく混んでいたため水族館のみとなってしまいました。





111016-1


”世界最大級の淡水魚水族館”ということで非常に楽しみでした。

この淡水魚!!というところがポイントですよね~。

普通の水族館(海水魚)にはあまり興味はないんです。



さあ、行ってみましょう!!

111016-6

館内です。






111016-2




111016-3

クロサンショウウオです。







111016-4




111016-5

カスミサンショウウオです。







111016-7

壁にも水槽が埋め込まれています。

ここにはサワガニがいました。






111016-8

カワムツです。






111016-9

オオサンショウウオです。






111016-10

カワヒガイです。






111016-11




111016-12




111016-13

タナゴ類(アブラボテヤリタナゴシロヒレタビラ)です。






111016-14




111016-15




111016-16




111016-17

イタセンパラです。

岐阜にも生息しているようですね。

雰囲気が出ていてすごくいい水槽でした。







111016-18




111016-19

シロヒレタビラです。






111016-20




111016-21

イチモンジタナゴです。






111016-22

カネヒラです。







ここからは外国の淡水魚です。


111016-23

メコンオオナマズです。

白色個体もいました。





111016-24

ピラルクーです。



111016-25

こんなのもありました。

木彫りのピラルクーとメコンオオナマズです。







111016-26

色々いました。






こんな感じでした。

だいたいの雰囲気は伝わったのではないでしょうか。

各水槽は手入れがいきとどいてました。

よくコケが付いていたり、魚の死骸が残ってたりということがあるんですが、ここではほとんどなかったです。

私が行ったことのある淡水魚水族館ではベスト1です ( ^ ^ )/




そういえば、ガチャガチャもあったので1回やってみました。

111016-27

なんと、タガメのフィギュアです。

私の中では当たりです(笑)



いや~、大満足でした♪♪





テーマ:生き物 - ジャンル:写真

  1. 2011/10/16(日) 11:28:46|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水族館ー宍道湖自然館ゴビウス  110429


2011/04/29 に宍道湖自然館ゴビウスへ行ったときのことです。


GWに島根県へ旅行することになったので友達に無理を言ってゴビウスへ寄ってもらいました。

以前から気になっていた水族館だったのでついつい (: ^ ^)


110515-1

入り口です。








110515-2




110515-3



110515-4

敷地内に入ってすぐにビオトープがありました。

クロメダカが泳いでます。

太陽の光を受けてきれいですよ。








建物内に入るといきなりこいつがいました。

110515-5

アロワナです。

今だけの特別展示のようです。

やっぱカッコイイな~。








そして玄関にはこんなのもいました。

110515-6

ヤマメの稚魚です。

すっごい!!かわいいですよ♪











さて、ここからは常設展示です。

110515-7

スジエビとシジミです。






110515-8

カネヒラです。






110515-9

カワアナゴです。







110515-10

アブラボテです。







110515-11




110515-12

ヤリタナゴです。







110515-13

ゴギです。







110515-14

オオサンショウウオです。

まさかこんなのまでいるとは!!

正直驚きました。







110515-15

イシドジョウです。







110515-16




110515-17




110515-18

ミナミアカヒレタビラです。

やっぱりメインはこいつですよね ( ^ ^ )/

限られた地域でしか見れませんからね~。

ここには大型の個体ばかりでした。

婚姻色があまり出てないのは仕方がないのかもしれませんね。

メスはバンバン産卵管伸ばしてましたけど(笑)









つづいてはサンショウウオです。

110515-19




110515-20




110515-21




110515-22




110515-23

カスミサンショウウオです。







110515-24




110515-25

ブチサンショウウオです。







110515-26




110515-27

ハコネサンショウウオです。






他にまだ3種類くらいのサンショウウオがいましたが隠れてて出てきてくれませんでした(苦笑)

サンショウウオはあまり生で見たことがないんですが、あそこまで可愛いとは思ってませんでした。

今度探しに行こうかな~。 と思わされるほど心が動きました(笑)






けっこう大きな水族館で楽しめましたよ。

友達も一緒だったので1時間ほどで出てきましたが、一人だとおそらく2,3時間は軽くかかってると思います。

紹介した魚以外にもイトヨの稚魚やでかいウグイフナなど色々と楽しめると思います。



みなさんも行ってみてください ( ^ ^ )/



いや~、それにしてもサンショウウオは可愛いな~♪♪











今回のお気に入りの一枚!!

110515-23




  1. 2011/05/15(日) 12:44:57|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水族館ードイツの森 おもしろ水族館  100912

2010/09/12にドイツの森 おもしろ水族館へ行ったときのことです。



家族旅行の2日目に寄りました。

何も知らなかったので、小さな水族館を見つけたときはテンションが上がりました(笑)


101103-1

店の前の看板です。



館内には水槽が10個程度とかなり小さかったです。

おばちゃんが一人で世話をしていて、10分以上話し込んでしまいました♪(笑)

関西のおばちゃんて感じでしたよ ( ^ ^ )/






魚の紹介です。

名前等は全て手書きで合ってるかどうかは分かりません。



101103-2

アリゲーター・ガー




101103-3

101103-4

エンゼルフィッシュの仲間




101103-5

オスカー





101103-6

101103-7

オスフロネームス





101103-8

サーペテトラ






101103-9

ブラシングホワイトエンゼル







そして、この水族館のメインはこいつです。


101103-10

そう、ビューティーフィッシュことガラ・ルファです。





早速、手を入れました。

初体験です。

101103-11

お~、寄ってきます♪

少しこそばゆいですが、いいかも ( ^ ^ )/




じっと眺めてると

101103-12

101103-13

手を入れなくても寄ってきます(笑)

人に慣れきってました。



このビューティーフィッシュを体験できただけでも来てよかったです (\^ ^\)/








おまけ

魚以外にもこんなのがいました。


101103-14

ニジイロクワガタ





101103-15

ヘラクレス・ヘラクレス




こんな変わったカブト、クワガタははじめてみました。

小学生くらいの男の子は喜びそうですね~♪




  1. 2010/11/03(水) 20:16:35|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水族館ー水生生物センター1  100417

2010/04/17 に水生生物センターへ行ったときのことです。


この水生生物センターは普段、平日しか開館していないのですがこの日(土曜)はサポートスタッフの講習会ということで開いていました。

このサポートスタッフは水生生物センターが行うさまざまな行事のお手伝いをする人達なのですが、私も最近スタッフに登録させていただきまして初めての講習会(魚の勉強)に参加しました。

サポートスタッフの活動に関して詳しくは水生生物センターのホームページをご覧いただければわかります。




この日は朝から水生生物センターへ向かいました。

すると

100505-1

100505-2

水生生物センター手前の用水路が目に入りました。

脇には桜が咲いていて釣りをしたら気持ちが良さそうですね ( ^ ^ )






さて、到着しました。

100505-3

とりあえず建物の写真を撮りました(笑)






さて、講習を2時間ほど受けた後、館内の展示を見せていただきました。





まずは

100505-4

100505-5

100505-6

イタセンパラです。


「淀川のシンボルフィッシュ」です。

天然記念物ですし、水生生物センターでは特に力を入れて観察・飼育をし、自然復帰を目指しています。

もちろんこの時期は婚姻色は出ていません。
秋産卵型のタナゴですからね。


また、秋に来て婚姻色を見てみたいと思います。








次は

100505-7

100505-8

ミヤコタナゴです。

昨年の10月ごろにミヤコタナゴアユモドキなどを無断で飼育し、ネット販売していた人が逮捕された事件がありました。

その時に実際に押収された個体です。

すごい数を飼育していたことがわかります。
中には透明鱗の個体もいました。

実際に押収された個体を展示しているのはその事件を知ってもらうこと、同じ事件を起こさないためだということでした。

他に押収されたイチモンジタナゴも展示されていました。



その事件のことはもちろん知っていたので実物を見れたのはうれしかったのとやるせない気持ちが半々でした。






その後、職員の方が特別に近くでミヤコタナゴを見せてくれました。

100505-9

100505-10


もう、婚姻色バリバリです。

触ることはできませんでしたが、目の前で見せてもい、しかも写真も撮らせていただきました。

正直、めっちゃうれしかったです (\^ ^\)

これだけでも来た意味がありました。





この日は魚について勉強できましたし、イタセンパラミヤコタナゴを見れたので大満足です。




  1. 2010/05/05(水) 13:33:11|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

水族館ー須磨海浜水族園1 100410


なんか最近めっきり更新回数が減ってしまったかも・・・ (; ^ ^)


2010/04/10 に須磨海浜水族園へ行ったときのことです。


ここは海水魚がメインでほかにもペンギンやイルカがいます。

この水族園でもマイナーであると思われるアマゾン館と世界のさかな館の日本産希少淡水魚を中心写真を撮ってきました。


足が向くのはどうしても海水魚よりも淡水魚なんです(笑)




まずは

100424-1

100424-2

小型熱帯魚水槽です。

水草にはコケもかなり付着していましたが元気でした。

コリドラスなどの小型熱帯魚は群泳させるときれいですね ( ^ ^ )







さて、日本産希少淡水魚です。

まずは

100424-3

100424-4

100424-5

スイゲンゼニタナゴです。

絶滅危惧種です。

タナゴファンとしては見れてよかったです。

動き回ってるので写真はうまく撮れてません。







次は

100424-6

100424-7

イトヨ(降海型)です。

けっこうな数がいました。

独特な姿ですね。






次は

100424-8

100424-9

100424-10

ホトケドジョウです。

ヤバイ!!

かわいい♪(笑)

水草の根元に寄り添ってる姿なんて最高ですよ~






次は

100424-11

カワバタモロコです。

かなり太ってました(笑)








さらに、アマゾン館と世界の魚です。


まずは

100424-12

100424-13

100424-14

ピラルクです。

硬そうな体表をしてました。

いかついです。






次は

100424-15

100424-16

スポッテッド・ガーです。





次は

100424-17

100424-18

ロングノーズ・ガーです。

確かにロングノーズです。





ここにはなんと最年長ロングノーズ・ガーがいるらしいです ( ^ ^ )/

100424-19

100424-20

正直見た目ではわかりません (; ^ ^)

ただ、ほとんど動きませんでした。







次は

100424-21

100424-22

100424-23

ポリプテルス・エンドリケリー・エンドリケリーです。

顔がこえ~よ~(苦笑)








さて、ここからは海水魚です。

まずは

100424-24

クリオネです。

魚じゃないかも・・・ (; ^ ^)





次は

100424-25

100424-26

100424-27

マアナゴです。

ヤバイです!!

こいつらもかわいい♪
みんな筒から少し顔を覗かせてるのがたまららないですね(笑)

飼育したくなりました。






次は

100424-28

100424-29

ウツボです。

けっこう有名ですよね。
顔はいかつい。





次は

100424-30

ミノカサゴです。

派手です。
大阪のおばちゃんみたいです(笑)





次は

100424-31

100424-32

100424-33

ゴンズイです。

顔だけ見たらアカザみたいです。

水槽に近づくとみんな岩の隙間に隠れちゃいました(笑)





次は

100424-34


100424-35

チンアナゴです。



100424-36

ニシキアナゴです。


これもかわいい♪

顔がにやけてきました(笑)






次は

100424-37

100424-38

100424-39

リーフィーシードラゴンです。

私は初めて見たのでかなり衝撃的な出会いでした。

こんな魚がいるんですね~


葉っぱに擬態するためにこんな体をしているんでしょうね。

泳ぎもゆっくりで優雅でした。

さすが名前にドラゴンが付くだけはあります(笑)






だいたいこんな感じです。


他にもイルカショーやペンギンの撮影会、ラッコのエサやりショーなどのイベントがありました。


予想以上に楽しめました ( ^ ^ )




私のオススメはホトケドジョウマアナゴチンアナゴリーフィーシードラゴンです。


ぜひ、一度見てみてください♪





  1. 2010/04/24(土) 11:58:35|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

水族館ー水道記念館(大阪)1 番外編 091010


2009/10/10 の水道記念館へ行ったときに飼育研究棟という場所にも寄ってみました。



水道記念館については前回紹介しました。


今回はその隣あった飼育研究棟について紹介します。



091024-2



建物の中には普通の水槽が数多く置かれていて種類ごとに分けられていました。

本館(水道記念館)のようにごちゃ混ぜではなかったです。

過密飼育でしたが(苦笑)




数が多すぎて(およそ30~40種類)全ては写真に撮れてません ( > < )





まずは 番外編No.1 カネヒラ です。


091024-3

091024-4


しっかり婚姻色がでていてきれいでした。

やはり大型でした。

ここのイチオシです (\^ ^\)









次は 番外編No.2 ホトケドジョウ です。


091024-5


すごいかわいらしいですよ♪

ふっくらしてます(笑)








次は 番外編No.3 カワバタモロコ です。


091024-6


群れてました。

モロコの中でも特に生息数が減少しているようですね。










次は 番外編No.4 ウグイ です。


091024-7


こいつも婚姻色が出てました。


実はまだ野生種を見たことがありません (; ^ ^)










次は 番外編No.5 ドジョウ です。


091024-8


なんと言いますか、「頭隠して尻隠さず」を体全体で表現してくれてます(笑)









次は 番外編No.6 アカハライモリ です。


091024-9


おお~、お腹が赤いです。

休憩しているんでしょうかね。











実はこれだけしかありません。

まだ数枚撮っていたのですが水槽のガラス面で光が反射したり、魚が動いてブレていたりしたので消してしまいました ( > < )





あ~、きれいな淡水魚を見てたらガサガサしたくなってきたな~(笑)






  1. 2009/10/24(土) 16:09:30|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

水族館ー水道記念館(大阪)1  091010

ご無沙汰しています m(_ _)m

最近は資格試験の勉強のため時間がなく更新できていませんでした。


申し訳ありません。




2009/10/10 に水道記念館へ行ったときのことです。



この水道記念館は大阪の東淀川区にあり、琵琶湖・淀川水系の淡水魚を展示しています。

以前から目を付けていまして、今回やっと行けました♪♪



091023-1


正面からの写真です。






以降No.を付けていきますが勝手につけてます。見て回った順番です。






まず入ってすぐのところには No.1 イタセンパラ です。


091023-2

091023-3

091023-4


この水道記念館に来たのはこいつを見に来たようなものです ( ^ ^ )/

天然記念物なのでこういう場所でないと見れないですね。


実際に見てみるとタナゴの中では大きい部類に入るのがわかります。

必死に写真に収めようとしたのですが動き回るのでなかなかうまくいきません ( > < )


残念だったのが鰭の傷ついた個体が多かったことと婚姻色を見れなかったことですね。

やはり一番きれいな状態を見たかったです。







次は No.2 アユモドキ です。


091023-5


こいつも天然記念物です。



実物は物陰に隠れて出てきてくれませんでした(泣)


くそ~ ( > < )







次に No.3 アユカケ です。


091023-6

091023-7

091023-8



へばりついてこの角度の写真のみです(笑)


おもしろい顔です。 ( ^ ^ )







次に No.4 アマゴ です。


091023-9

091023-10


渓流魚もいました~♪

目の前を泳いでいくのは圧巻です。

立派な個体でした。







次に No.5 ニジマス です。


091023-11

091023-12



こいつはアマゴよりさらに大きかったですよ。


太りすぎていただけかもしれませんが(笑)







次は No.6 タカハヤ です。


091023-13

091023-14



水槽の個体はかなり黒い色をしていました。








次は No.7 カジカ です。


091023-15

091023-16



岩の間に挟まってます(笑)

顔は怖いのでホラーですね。







次は No.8 サワガニ です。


091023-17


恥ずかしがって出てこないようでした。








次は No.9 オヤニラミ です。


091023-18

091023-19

091023-20



ここの個体は鰭が赤く染まっておりきれいでした。

やはり目が四つに見えます。








次は No.10 ムギツク です。


091023-21

091023-22



ムギツクの体のラインは若魚のときが最もきれいですかね。









次は No.11 ヌマムツ です。


091023-23

091023-24

091023-25




大きく婚姻色の出た立派な個体が多かったのですが詰め込みすぎですね (;^ ^)


3枚目の写真には腰の曲がった個体も写ってます ( > < )








次は No.12 アブラボテ です。


091023-26

091023-27



なぜかヌマムツと同じ水槽でした。


きれいな個体でした ( ^ ^ )








次は No.13 ドジョウ です。


091023-28

091023-29


ドジョウ類のなかではこの普通のドジョウが一番好きですね♪


地味なのがいいです(笑)








次は No.14 アジメドジョウ です。


091023-30


まだ見たことのない種類で探したのですが、どこにいるか見分けられずあきらめました(苦笑)









次は No.15 シマドジョウ です。


091023-31



私がよく目にするシマドジョウです。










次は No.16 ビワコオオナマズ です。


091023-32

091023-33


目が離れていてとぼけた顔をしてました(笑)


このビワコオオナマズの産卵する映像が流れていて初めて見る光景でおもしろかったですよ。
オスがメスの体に巻きつきながら産卵するんですね~。








次は No.17 ハリヨ です。


091023-34

091023-35



こいつは一匹だけ隔離されていました。

幻想的な雰囲気を出した水槽できれいでした。

これはオススメですよ♪♪







次は No.18 ニゴロブナ です。


091023-36





No.19 ハス です。


091023-37




No.20 ビワヒガイ です。


091023-38




No.21 アブラヒガイ です。


091023-39





No.22 ホンモロコ です。


091023-40







No.18~No.22まで同じ水槽にいました。

091023-41


091023-42



ごちゃごちゃしていて一種類ずつは撮れなかったです。

アブラヒガイという種がいることをこのとき初めて知りました(笑)









次は No.23 ヤリタナゴ です。


091023-43

091023-44

091023-45



婚姻色の出たオスがいてきれいでした。

やはりタナゴはいいですね♪♪ (\ ^ ^\)







次は No.24 カマツカ です。


091023-46


でかかったです。

しかも動きません(笑)






次は No.25 メダカ です。


091023-47


ちょこちょこと動いてかわいかったですよ(笑)







次は No.26 カムルチー です。


091023-48

091023-49

091023-50



出ました~。
雷魚です!!!!


スネークヘッドです。
ヘビっぽいです。


かっこいいですね。
10分ほどじっと眺めていました(笑)







次は No.27 ニゴイ です。


091023-51


中央にニゴイがいます。


奥にはハクレンでしょうか。
さらに周りにはヘラブナがいますね。



大型の魚ばかりがおよぐ回廊でした。
迫力がありますよ。






次は No.28 カワアナゴ です。


091023-52

091023-53



肉食を思わせるいかつい顔をしてますね。

こいつも動きません。






次は No.29 タイリクバラタナゴ です。


091023-54



大型の個体が多かったですがあまり婚姻色は鮮やかではなかったです (; ^ ^)





次は No.30 シロヒレタビラ です。


091023-55




次は No.31 イチモンジタナゴ です。


091023-56





次は No.32 カネヒラ です。


091023-57





次は No.33 オイカワ です。


091023-58





次は No.34 アユ です。


091023-59




魚の展示はここまででした。

全ての魚種を紹介できたわけではありませんがこれが精一杯です(苦笑)



普段見れない珍しい魚を見れたのはよかったです。

特にイタセンパラアユモドキですね♪♪ (\^ ^\)




残念だったのは太りすぎた個体とと傷ついた個体が多かったことです。

一つの水槽に詰め込みすぎで小型の個体はボロボロでした。

見ていて痛々しかったです ( > < )




色々な魚種を見てもらおうと思えば仕方がないのかもしれませんがやりきれないです。










魚以外にもいくつか水草も置いていました。



水草 No.1 ユキノシタ です。

091023-60




水草 No.2 ワサビ です。

091023-61





水草 No.3,4 セキショウ、バイカモ です。

091023-62






水草 No.5,6,7 ネジレモ、ハゴロモモ、マツモ です。

091023-63






水草 No.8 コウホネ です。

091023-64






水草 No.9,10 コカナダモ、オランダガラシ です。

091023-65





琵琶湖・淀川水系だけでもこれだけの水草があるんですね~。


水草も色々探しに行きたいな~。




最後に水槽のレイアウトがありました。

091023-66







どうでしたでしょうか???




長すぎましたね。

写真ももう少しきれいに撮れたらよかったんですが (; ^ ^)


一応周りの目も気にしながら撮ってました(笑)



実際のきれいな姿を写真で伝えるのは難しいです ( > < )




みなさんもヒマがあれば行ってみてください。

無料のわりには結構ボリュームがありますよ ( ^ ^ )/











おまけ

091024-1

庭の池です。

カメとコイがいました ( ^ ^ )




  1. 2009/10/23(金) 23:49:17|
  2. 水族館
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシック・アナログ時計

プロフィール

にっし~。

Author:にっし~。
兵庫県在住です。
このブログもとうとう8年目に突入しました。
まさかここまで続くとは(笑)

日本淡水魚は大好きです。
その中でもタナゴはやはり別格ですね。
釣り・繁殖・婚姻色などなどいくつも楽しみがあります。
他には水中写真にも力を入れています。

ただ、周りで淡水魚の釣り・採集・飼育いている人はほとんどいません。
ですので、当ブログで淡水魚に関する意見交換ができればと考えていますm(_ _)m

記事中の色分け
紫色:中層魚、赤色:底物、緑色:甲殻類
水色:両生類、青色:リンク

使用カメラ
SONY α99
OLYMPUS OM-D E-M5(水中)

お知らせ

①写真販売:フォトライブラリーにて 写真素材-フォトライブラリー 
写真素材-フォトライブラリー

にっし~。のページ
主なコンテンツ
淡水魚メダカタナゴ水中夕日
興味のある方はどうぞご覧下さい。

最新記事

カテゴリ

総集編 (24)
飼育 (245)
水槽 (205)
稚魚容器 (40)
ガサガサ+釣り (365)
大阪 (34)
兵庫 (213)
岡山 (29)
京都 (17)
滋賀 (12)
四国 (13)
関東 (11)
北陸 (6)
九州 (19)
その他 (11)
水中写真 (179)
フィルム撮影 (54)
お魚図鑑 (24)
水族館 (12)
人工授精・産卵 (12)
そら (50)
旅行・風景 (11)
カメラ・レンズ関係 (22)
自作ボディキャップレンズ (7)
写真集 (2)
色々 (57)
未分類 (1)

関連書籍

現在なし

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード