FC2ブログ

趣味はと聞かれれば淡水魚と答えます!!

このブログではフィールドでのガサガサ・釣りを報告します。メインはお魚さんです。

水中写真211 栃木県 (マクロ) オイカワ、カワムツ  191109


2019/11/09 の水中写真です。


前回の撮影の後に、水が流れ込む小さな水溜りを見つけました。

覗きこんでみると小魚が右往左往。



忙しそうに逃げています。

ただ、残念ながら逃げ場がないので、しばらくすると大人しくなります。




せっかくのマクロレンズなので、少し撮影してみましょうか。








191126-1








191126-2








191126-3

オイカワカワムツのチビたちですね。

どこにでもいる魚たちですが、近くで見るとやはり綺麗です。



いい被写体がいて、いい写真を撮るためには、あとは透明度の高い場所をどれだけ見つけるかですね。

探しているのですが、なかなか見つかりません。


う~む、もう少し索敵範囲を広げないといけないですね。

独身の頃のようにブルドーザー戦術が使えないので、ある程度ポイントの目星をつけていかないと。




さて、日も暮れてきたので、帰りましょう。

ではでは~。







成果
・オイカワ
・カワムツ








今回のお気に入りの一枚!!

191126-2







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2


スポンサーサイト



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/11/26(火) 23:35:58|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真210 栃木県 (マクロ) カワムツ、シマドジョウ  191109


2019/11/09 の水中写真です。


久しぶりにマクロレンズを出してきました。

最近広角寄りが多かったので、少し気分を変えてみました。

ついでの理由で、マクロだとコンパクトですむんですよね。






そして、訪れた川はいつもの川ですが、その下流側をぶらぶらしてみました。

すると車の入れる細い道があり、水路もありますね。

その先には河川本流があります、それも人通りのない、透明度の高い川です。

いい感じです。


なので、さっそく潜ってみましょう。








ポイントです。

191119-1

流れはありますが、穏やかです。

秋になったのも関係があるのでしょうか。










そして、お魚たちです。


まずは、

191119-2








191119-3

ウグイです。

若い個体がたくさんいます。

カワムツオイカワに比べると、動きが緩慢ですね。











次に、

191119-4








191119-5

カマツカです。

砂もぐり中ですので、近づいても逃げません。











そして、

191119-6








191119-7

シマドジョウです。

砂地なので、急に飛び出てきます。

驚きます!








こんな感じでした。

珍しい魚はいませんでしたが、なんだか魚たちの日常を覗いたような気がします。


やっぱり楽しいね、川は!!





ではでは~。








成果
・ウグイ
・カマツカ
・シマドジョウ









今回のお気に入りの一枚!!

191119-3






撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/11/19(火) 00:18:19|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真209 栃木県 (広角~標準) アカザ、シマドジョウ  190922


2019/09/22 の水中写真です。


三連休後半は台風が近づく予報でした。

そのため、急いで二日目に写真を撮りに行ってきました。



なんとか晴れ間も見えて、天気はそれほど悪くなかったです。




さて、ポイントです。

190925-1

気温が高いため、透明度が少し低いですが、許容範囲内です。

流れが速くないため、まだ撮影しやすいですね。






浅瀬で匍匐前進しながら生き物を探していきましょう。





まずは、

190925-2








190925-3








190925-4

アカザです。

この日はアカザ祭りでした。

たくさんいましたよ。

ナマズ系はほんとに可愛いです!!











次が、

190925-5

カジカです。

小型の個体がたくさんいました。

時々石のように動かない個体もいましたね。











さらに、

190925-6

サワガニです。

定番ですね。











そして、

190925-7








190925-8

シマドジョウです。

とぼけた顔をしていますよ。









こんな感じでした。

よく見ると、底物ばかりですね。

ただ、水質がいいので、種類が豊富で飽きがきません。



さて、天候が荒れる前に帰りましょう。




ではでは~。





成果
・アカザ
・カジカ
・サワガニ
・シマドジョウ








今回のお気に入りの一枚!!

190925-2






撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/09/25(水) 19:05:04|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真208 和歌山県 (広角~標準) アブラハヤ、イトモロコ  190814


2019/08/14 の水中写真です。


実家に帰ったタイミングで近くの川をネットで検索してみると、たまたま水質の良さそうな川があるではないですか。

ということで、言ってみました。


すると、夏真っ盛りということもあり、すでに先客がたくさんいました。




みなさんがいる場所より上流へ移動して、川に潜ってみます。



ポイントです。

190921-1

透明度が高くてびっくりです。

こんな場所があったとは!?

テンションが上がります。






さて、魚を探しましょう。




まずは、

190921-2

アブラハヤです。

浅瀬に群れていました。










次に、

190921-3

イトモロコです。

スーと動いて、ピタッと止まる瞬間があるので、止まるタイミングを狙うのですが、難しいですね。










そして、

190921-4

テナガエビです。

岩陰に隠れていました。










最後に、

190921-5

ブラックバスです。

溜まりの深場にいました。

小さい群れでいたので、完全に繁殖していますね。

残念な光景です。








水質は文句なしで綺麗でした。

バスさえいなければと思ってしまいますね。

この川の今後の生態系が心配です。


また、時間を作って覗きにきます。


おっと、雨が降りそうなので、そろそろ帰りましょうか。

ではでは~。






成果
・アブラハヤ
・イトモロコ
・テナガエビ
・ブラックバス







今回のお気に入りの一枚!!

190921-4






撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/09/21(土) 19:09:21|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真207 大阪府 (広角~標準) ドンコ、ヤマトヌマエビ  190812


2019/08/12 の水中写真です。


お盆の時期に実家へ帰ったので、近くの川へ行ってみました。

台風が襲来する前です。

なんとか間に合いましたね。







ポイントです。

190818-1

天気が良くて、いいですね。

川へ来ると、気持ちから涼しくなります。









さて、生き物を探していきましょう。






まずは、

190818-2

カワムツです。

まだ、稚魚ですね。

うまく接近して撮れました。










そして、

190818-3

カワヨシノボリです。

メスですね。

お腹が大きいですよ。










次に、

190818-4

サワガニです。

たくさんいますよ。

すぐに石の陰に隠れるので意外と撮影前に逃げられます。










そして、

190818-5








190818-6

ドンコです。

この川では珍しい魚です。

テンションが上がりました ( ^ ^ )










最後に、

190818-7








190818-8

ヤマトヌマエビです。

お目当てのエビです。

抱卵個体です。

昨年はたくさんいたのですが、今年は少ないですね。

1時間ほど探してやっと一匹です。

きちんと繁殖しているのか、心配になります。









ふ~、ここまでですね。

たくさん撮れたので満足です。



この後は梅田でディナーなので、急いで帰ります。


ではでは~。








成果
・カワムツ
・カワヨシノボリ
・サワガニ
・ドンコ
・ヤマトヌマエビ








今回のお気に入りの一枚!!

190818-5







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2





テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/08/18(日) 10:26:12|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真206 栃木県 (広角~標準) オイカワ、ウキゴリ  190803


2019/08/03 の水中写真です。


前回の水中写真から3ヶ月ほど空いてしまいましたね。

実はその間にも新規探索などで何度か川には訪れていたのですが、天気の悪い日が多く基本的に増水していました。

川の流れが速すぎて撮影になりませんでした。

無理しないのが一番ですね。







やっと梅雨明けもしたので、そろそろ大丈夫かと思い、ポイントへ来てみました。


190804_1


多少、水量が減っているので、大丈夫かなと思い、川へ突入しました。

なんとか流れの緩やかな場所を見つけましたが、まだ濁りがきついですね。


近づいて写真を撮るしかないです。






幸いなことに魚達はたくさんいましたので、ゆっくり近づいていきます。







まずは、

190804_2









190804_3









190804_4

ウキゴリです。


たくさんいましたよ。

愛嬌のある顔が私は大好きですね。












次に、

190804_5









190804_6

オイカワです。


婚姻色が出ていて、綺麗ですね。

浅瀬をウロウロしていました。

もっと近づいて撮りたかったのですが、動きが速いので難しいです。












そして、

190804_7

カジカです。


石の間にいるので、すぐに気づきませんでした。

隠れ上手ですね。












最後に、

190804_8

シマドジョウです。


まだ子供です。

このサイズが見られるのも今の時期だけですね。












こんな感じで撮影は底物中心になりました。

川に行けない日々が続いていたので、ストレスが溜まってましたが、すっきりしました。

水中写真とタナゴ釣りが私の心のオアシスですよ(笑)



急な予定が入ってしまったので、1時間で引き上げることになりましたが、満足しました♪





ではでは~。








成果
・ウキゴリ
・オイカワ
・カジカ
・シマドジョウ









今回のお気に入りの一枚!!

190804_6







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2





テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/08/04(日) 11:41:14|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真205 栃木県(広角~標準) ヤマメ  190511


2019/05/11 の水中写真です。


久しぶりの水中写真です。


なんと前回は昨年11月でしたね。

暖かくなってきてやっと行けました。

少ない一人の時間をタナゴ釣りとどちらを優先するかいつも悩みます(苦笑)




さて、今回はいつものポイントの上流を攻めることにしました。

上流でも人が多い場所では邪魔になるので避けるようにしてます。

ということで、ずんずんと上流へ行くと、気が付けば携帯は圏外でした。



そして、人通りが少なく、水量の落ち着いた場所に辿り着きました。

さっそく、潜ってみましょう。

そうそう、更新したドライスーツの初めての出番でした。










まずは、

190608-2










190608-1

新緑が眩しくて、水中は透き通っている!!

最高ですね。



そして、水はまだまだ冷たいです。

体はドライスーツで覆われていますが、顔が冷たい!



それは言っても仕方がないので、匍匐前進で進みながら生き物を探していきます。

何かいるかな~っと。










すぐに発見しました。

190608-3

ヤマメです。

関西では基本的にアマゴなので、新鮮ですね。









たくさんいますよ。

190608-4










190608-5

まだ若い個体が多いですよ。

通りがかりの人の話によれば、今回潜ったあたりでは放流はされていないので、天然物らしいです。

・・・かなり上流まで来ましたからね。
















匍匐前進しながら上流へ向かいます。

190608-6

このあたりは浅瀬のため、ヤマメのさらに小さな個体が多いです。







190608-7










190608-8










190608-9

小さな個体は可愛いですよね。

ピント合わせで失敗もありましたが、何枚かバッチリ合ってました。


嬉しくて、ずっと眺めていられますよ(笑)


その日は結局2時間ほど潜っていましたが、水温が低いので体温も下がってしまいますね。

水から出ると、震えが止まりませんでした。

満足感で全く気になりませんけどね!(笑)





さて、気持ちよく帰りましょう。


ではでは~。









成果
・ヤマメ







今回のお気に入りの一枚!!

190608-8







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/06/08(土) 21:29:30|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真204 栃木県 (マクロ) シマドジョウ、ホトケドジョウ  181124


2018/11/24 の水中写真です。


前回記事の川で写真を撮ったあとにもう一箇所寄り道しました。

当初考えていた場所は駐車場が一杯で入れなかったので、急遽別場所にしました。

といっても、何度も訪れている場所ですけどね。




さて、ポイントです。

190126-1

湧き水が流れているので、透明度は抜群です。

ただ、雨が降っていない影響で水量はずいぶんと下がっています。








さっそく、岩をどけて生き物探しです。

で、顔を出し挨拶してくれるのはやはりこいつらです。









まずは、

190126-2









190126-3

シマドジョウです。

数が多いので、見かける可能性は高いですね。

時々、近づいても逃げない鈍感なやつもいます。












そして、

190126-4









190126-5

ホトケドジョウです。

可愛い顔を見せてくれました。

私の大好きなやつです。

異変を察知したらすぐに逃げてしまうので写真におさめるのが一苦労です。

臆病なんですよね。

自然界だとそれくらいでないと生き残れないんでしょうが。






なんとか目的のホトケドジョウの写真が撮れたので完了です。

岩をめくって腰が疲れましたが、ホクホクした気持ちで帰途につきました。


ではでは~。







成果
・シマドジョウ
・ホトケドジョウ







今回のお気に入りの一枚!!

190126-5







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/01/26(土) 11:56:15|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真203 栃木県 (マクロ) カジカ、シマドジョウ  181124


2018/11/24 の水中写真です。


比較的暖かい日だったので、川へ行ってきました。

ウエーダーを着て、川へ突撃です。

気温が下がっているので、透明度は一段と上がっているように感じます。









ポイントです。

190106-1





さて、カメラにはマクロレンズを付けているので、コンパクトにまとまって取り回しが楽です。

どんどん岩をめくっていきましょう。









まずは、

190106-3










190106-2

ウキゴリです。

可愛いやつです。

この独特の顔つきが好きなんですよね。










次は、

190106-4









190106-5

ウグイです。

水の溜まり場があり、ウグイを中心とした雑魚が群れていました。

すごい数です。










そして、

190106-6









190106-7

カジカです。

岩がゴロゴロした場所にはかなりの確率でいます。

しかも、夏でも冬でも場所は同じで、あまり移動しないようですね。










さらに、

190106-8









190106-9

シマドジョウです。

こちらもたくさんいました。

ただ、カジカより敏感なので、近づくとすぐに逃げていきます。










最後に、

190106-10

ツチガエルです。

ある意味冬眠なのでしょうか。

岩の下に隠れていました。

ちょっとびっくりしましたよ。









こんな感じでした。

最初は調子よく撮影していましたが、徐々に手が震えてきました(笑)

やはり川の水は冷たいですね。



この川での冬の写真は初めてだったので、色々と撮れてよかったです。



さて、移動しますよ~。




ではでは~。










成果
・ウキゴリ
・ウグイ
・カジカ
・シマドジョウ
・ツチガエル







今回のお気に入りの一枚!!

190106-7









撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2019/01/06(日) 10:44:00|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真202 福島県 (マクロ) ウキゴリ  181103 


2018/11/03 の水中写真です。


アクアマリンいなわしろへ行ったあと、時間があったのでぶらぶらと散策してみました。


雰囲気のいい場所があり、何気なく車を止めてみると、素敵な水場もあるではないですか。

いそいそとウェーダーとカメラを準備し、撮影しました。





ポイントです。

181208-1

透明度は高かったです。

ただ、すでに夕方だったため、魚を探すのは難しいかもしれません。

日がかげるのが早くなりましたね。













まずは、

181208-2








181208-3

ウキゴリです。

石を動かすと下にいましたよ。

二枚目の写真を拡大すると、ウキゴリの口から一本の糸が伸びています(見えるかな?)。

どうやらスジエビを捕食したようですね。

さすが肉食!











そして、

181208-4








181208-5

スジエビです。

とにかく、うじゃうじゃしてました。

たくさんいました。

資源が豊富なようです。











さらに、

181208-6








181208-7

トウヨシノボリです。

こちらもたくさんです。

堂々とした佇まいですね。









他にも探しましたが、見当たらず、タイムアップです。

気が付けばずいぶん暗くなってました。

体も冷えてきたので、急いで帰ります。




ではでは~。








成果
・ウキゴリ
・スジエビ
・トウヨシノボリ









今回のお気に入りの一枚!!

181208-3








撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/12/08(土) 13:53:21|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真201 兵庫県 (フィッシュアイ) モクズガニ  181008


2018/10/08 の水中写真です。


前回、水中写真を撮った後に、何箇所かポイントへ寄りましたが、どこも改修工事でずいぶんと様変わりしていました。

あちこち探し回って見つけてから数年でがらっと変わってしまうのは、本当に寂しいですね。



その変わってしまったポイントの様子を見てみましたが、水が濁っています。

う~ん、難しいかなと帰りかけると、浅瀬でなにかが動きました。






ポイントです。

181123-1

ごつごつした石が転がっていますね。

時折、日差しが差し込んできます。













そして、動いていたのはこいつでした。


181123-3








181123-4

モクズガニです。

脱皮した殻が近くにあったので、まだ無防備な状態かもしれません。


フィッシュアイレンズなので、かなり近くまで寄って撮影できました。

面白い写真が撮れますね。











さて、他には

181123-2

ミナミヌマエビです。

無数にいました。

驚きの密集度です。











そして、

181123-5

たぶんオイカワです。

稚魚も悠々としていました。






なんだかのんびりした昼下がりです。

これ以上は生き物が出てこなさそうですので、帰りましょうか。



時々、川へ来ないとストレスが溜まってしまうので、いい気分転換になりました。


ではでは~。








成果
・モクズガニ
・ミナミヌマエビ
・オイカワ








今回のお気に入りの一枚!!

181123-4







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:Panasonic LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/11/23(金) 22:23:03|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真200 兵庫県 (フィッシュアイ) ドンコ、アカザ  181008


2018/10/08 の水中写真です。


関西に帰ったタイミングでお気に入りの湧水ポイントへ行ってきました。

水深は浅くて、魚たちが丸見えなんですよね。







さて、ポイントです。

181030-1

少し濁りがありますね。


それでも水草が生い茂って、自然がまだまだ残っている雰囲気は最高ですね。

普段から水深は浅いのですが、この日はさらに浅くてシュノーケリングできないくらいです。










さて、魚たちを探しましょう。



まずは、

181030-2

オイカワです。









181030-3

オイカワカワヨシノボリです。

フィッシュアイレンズなので、ポートの直前まで来てもピントが合いますね。











次に、

181030-6









181030-7

オヤニラミです。

岩や水草の隙間によく隠れています。

凛々しい顔つきです。

この後、ぴゅ~っと逃げていきました。









さらに、

181030-8

カマツカです。

どっしりと構えています。









そして、ついに

181030-4









181030-5

アカザです。

岩の下にいたのですが、逃げた先がまさかの水草の上です。

可愛すぎます♪










そして、上流側へ行くと透明度がびっくりするレベルですね。

181030-9








181030-10








181030-11


いや~、心が洗われる風景ですね。

日頃の疲れが吹き飛びますよ。



滞在時間よりここに来るまでの移動時間の方が長くても気にならないですね。

最高でした~。





ではでは~。









成果
・アカザ
・オイカワ
・カワヨシノボリ
・オヤニラミ
・カマツカ
・ドンコ









今回のお気に入りの一枚!!

181030-4








撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:Panasonic LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/10/30(火) 23:27:06|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真199 栃木県 (広角) カジカ、ギバチ  181005


2018/10/05 の水中写真です。


以前潜った川が予想以上にいいポイントで、透明度が高い上に、魚影が濃いので、また来てみました。

きっといい出会いがあるはずです。



今回もドライスーツは修理見積もり中で、ウエットスーツで突撃しました。


ポイントです。


181015-1

天気が曇りということもあり、落ち着いたブルーですね。

こういった雰囲気も最高です♪










さて、魚を探していきましょう。




まずは、

181015-2









181015-3









181015-4

ウキゴリです。

珍しいわけではなく、浅瀬に小さな個体がかなり隠れていました。











そして、

181015-6









181015-5

ウグイです。

若い個体が群れて泳いでいます。

ほんとうに綺麗な景色です。











さらに、

181015-7









181015-8









181015-9

カジカです。

大きめの石をめくるとかなりの確率で出会えます。

水質がいい証拠ですね。











そして、

181015-10

カマツカです。

立派な個体で、堂々としたものです。











さらに、

181015-11









181015-12

ギバチです。

私は初めてみました。

幼魚はかわいいですね。

反則級です。











181015-13

サワガニです。

あまり危機感がないのか、動きません。










さらに、

181015-14









181015-15

シマドジョウです。

色々な角度から撮れました。






透明度が高く、砂地あり、岩場ありで、たくさんの魚種がひしめいています。

私にとっては宝箱ですね。

次に何が出てくるか、何に出会えるかというワクワク感がすごいです。



完全にお気に入りポイントに認定ですね。



時計は付けていなかったので、時間間隔がなかったのですが、気が付けば4時間も川の中にいました。

楽しすぎて、のめりこんでしまいました。



そういえば、フィルムでも撮影していたので、次はその写真ですね。


ではでは~。






成果
・ウキゴリ
・ウグイ
・カジカ
・カマツカ
・ギバチ
・サワガニ
・シマドジョウ








今回のお気に入りの一枚!!

181015-11







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/10/15(月) 22:41:21|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真198 栃木県 (広角) サワガニ、ホトケドジョウ  180818


2018/08/18 の水中写真です。


前回のアユを撮影したあとに、もう一箇所寄り道をしました。

以前に目を付けておいた雰囲気の良さそうな川です。

楽しみです♪



日が沈みかけいるので急ぎましょう。






ポイントです。

180917-1

最初は本流を調べようと思っていましたが、水流が強いことと、透明度が少し低かったために、本流へ合流する細い流れを調べてみることにしました。

すると、予想通り湧水の流れでした。

水が冷たい上に、透明度が抜群です。












そして、石をどけていると、こいつがいました。

180917-2









180917-3









180917-4

サワガニです。

しかも子持ちのメスです。


私が近づくと子供を守ろうと必死です。

可愛いですね。










そして、さらに石をどけていると、ササッと動く影がありました。

180917-5









180917-6









180917-7

ホトケドジョウです。

やはりいましたね。

栃木県でホトケドジョウを見つけるのはこれで2箇所目です。

いい環境がまだ残っているということでしょうね。



この優しそうで、とぼけた顔が大好きなんですよね。

小さな流れの中で命を繋いでいました。










そして、おまけです。

180917-8

ミナミヌマエビです。

透明な個体なので、見つけるのが難しいかもしれません。

ただ、よく見ればいますよ。






さて、写真を撮っているうちに、すっかり周りは暗くなりました。

暗い中、ウエーダーを履いて川を漁っている怪しい人に見られていそうなので、切り上げましょう。



いや~、ホトケドジョウも見れたので、大満足です。


ではでは~。









成果
・サワガニ
・ホトケドジョウ
・ミナミヌマエビ







今回のお気に入りの一枚!!

180917-6







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/09/17(月) 10:42:24|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水中写真197 栃木県 (広角) ウキゴリ、アユ  180818


2018/08/18 の水中写真です。


本で調べてみると栃木県は綺麗な川が多いようなので、実際に見に行ってきました。

本の情報と自分の勘で勝負です。



すると到着して早々に良さそうなポイントがありましたが、アユ釣り師たちがたくさんいましたので、移動します。

邪魔になりそうでしたので。





もう少し上流側へ来ました。

こちらはアユ釣り師はほとんどいません。

よしっ、チャンスです。







さっそく潜りましょう。


まずは、

180912-2

太陽の光がさすと、ブルーがきれいですね。




潜ってみるとたくさんの魚達が迎えてくれました。

すごい数でしたよ。








まずは、

180912-1

シマドジョウです。










次に、

180912-3







180912-4

ウキゴリです。










そして、

180912-5







180912-6

ウグイです。










さらに、

180912-7

カワムツです。










そして、

180912-8

ムギツクです。



ここまで一箇所で撮影しました。

久しぶりにいいポイントです。


岸付近のボサあたりには雑魚が群れていました。

ほとんどがウグイですね。


カワムツウキゴリはそのボサ周りでストロボを使用して撮影しました。





撮影している周りにはアユもいましたが、カメラを向けると逃げてしまいます。


ということで、もう少し浅瀬でアユを待ち構えてみることにしました。









移動してきたポイントです。

180912-9

浅いので透明度もいいですね。






さて、どこで撮影しようかと考えていると、目の前の岩の周辺でコケを食んでいるアユを発見しました。

ゆっくり近づくと逃げないものですね。


180912-10







180912-11







180912-12

アユです。


広角レンズで背景も入れながら撮影するのはいいですね。

私の感覚的にワクワクする写真になります。


と言いつつアップの写真も撮っておきます。




アユは美しい魚ですね。

なかなか魅力を写真では収められませんが、少しでも捉えられているとうれしいです。




いや~、たくさんの魚を見られてよかったです。

新しいポイントの発見にもなりましたし、楽しい時間でした。



そろそろ体が冷えてきたので、あがりましょう。


ではでは~。








成果
・シマドジョウ
・ウキゴリ
・ウグイ
・カワムツ
・ムギツク
・アユ







今回のお気に入りの一枚!!

180912-11






撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/09/13(木) 00:01:56|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真196 埼玉県 (広角) カジカ、アズマヒキガエル  180815


2018/08/15 の水中写真です。


この一週間前に奥さんとぶらぶら観光した川に写真道具をもってやってきました。

めぼしを付けておいた場所ですね。

人が来なくて、透明度の高い川の上流です。


さて、いそいそと準備しましょう。





まずは、ポイントです。

180909-1

ドライスーツでどんどん上流へ上っていると、小さな滝がたくさんありました。

いい雰囲気ですね。

水も冷たくて気持ちいいです。




こういった水の落ち込みの付近には渓流魚がいるはずと思い、ゆっくりと水中を覗いてみました。

すると、・・・何もいません。



そして、次も・・・いません。




根気強く探っているとヤマメ2匹とイワナ1匹がいました。


ただ、残念ながら逃げられました。

狭い渓流の中で忍び寄って、カメラを構えるのはやはりたいへんな作業ですね。

さらに、慎重さも足りませんでした。




残念ながら収穫なしかと思いながらも粘って、細流にも入ってみました。






すると、

180909-4

たぶんタゴガエルです。

水中の石の陰に隠れていました。

顔を沈めたら、すぐ目の前にいたので驚きましたよ。

近づいてもまったく逃げませんでした。









さらに、

180909-2









180909-3

カジカです。

生息しているということはそれだけ水質がいいということですね。

顔つきは凛々しさの中に可愛さが同居している感じです。










そして、そろそろ帰ろうかと川を下っていると、ふと動く物体に目がとまりました。

そう、こいつです。

180909-5









180909-6

アズマヒキガエルです。

まさか出会えるとは思いませんでしたね。

ヒキガエル系も独特の愛嬌があります。

私は好きなんですよ。


レンズポートの前面に水滴が付いていたので、部分的にぼけた写真になっていますが、これも水辺での撮影時の味ですね。

ついつい夢中でたくさん写真を撮りました。





その後は、深場でぷかぷか浮きながら水遊びをして、満喫してから帰りました。

うまく撮れないことを楽しみ、思いがけない出会いも楽しんで、いい一日になりました。


魚影が薄いので頻繁には来ないでしょうが、また気が向いた時に覗いてみたいと思います。


ではでは~。









成果
・タゴガエル
・カジカ
・アズマヒキガエル








今回のお気に入りの一枚!!

180909-3









撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/09/09(日) 19:14:58|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真195 滋賀県 (フィッシュアイ) カジカ、サワガニ  180813


2018/08/13 の水中写真です。


実家に帰っていたので、家族で滋賀の川まで行ってきました。

上流域のキャンプ場周辺は人でごった返してました。

人が多すぎて満足に遊べない気がします。



私達はそんな人たちを横目に、さらに上流の秘蔵ポイントに行ってきました。

予想通り、無人ですね。

のんびりと川遊びに勤しみましたよ ( ^ ^ )/



私は持参した水中カメラで魚達を撮影です。


コンパクトなフィッシュアイレンズはこんな時に役に立ちます。








ポイントです。

180831-1

本当に透明度の高い最高のポイントです。








水溜りになっている場所で、石をどかしながら魚を探していると小さいやつらがいました。




まずは、

180831-2

カジカガエルのオタマジャクシです。

真ん中の黒い物体がそれです。










そして、

180831-3

カジカです。

こちらも真ん中の個体です。

これだけ小さいと出会える機会が少なくて、珍しい気がします。









さらに、

180831-4








180831-5

サワガニです。

どこにサワガニがいるかわかりますか?

二枚目は超難問ですね。

よく目を凝らしてみて下さい。




もっと大きく撮りたいところですが、フィッシュアイレンズなので、これが限界ですね。






写真を撮った後はのんびりと川をぶらぶらしてました。

アマゴは隠れてしまいましたが、タカハヤは人懐っこく泳ぎ回っていましたよ。




さて、冷たい水に入って涼しくなったので、暗くなる前に帰りましょう。


ではでは~。







成果
・カジカガエルのオタマジャクシ
・カジカ
・サワガニ








今回のお気に入りの一枚!!

180831-4






撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:Panasonic LUMIX G FISHEYE 8mm F3.5




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/08/31(金) 23:12:52|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真194 兵庫県 (マクロ) アブラボテ  180811


2018/08/11 の水中写真です。


タナゴのいる水路で写真を撮りたくて今回のポイントへきました。

普段から人がいなくて、のんびり釣り放題なので、なんとか写真で捉えたいと思います。


ただ、水路なのでうまく撮れるかやってみないとわかりませんね。








さて、ポイントです。

180820-1

水路なので、透明度はあまり高くないですが、水草もしっかり生えていて環境として良さそうです。

では、石をどかしながら魚たちを探していきましょう。











まずは、

180820-2

アブラボテです。

葉っぱの陰に隠れたつもりのようです。

丸見えですね。









そして、

180820-3

アメリカザリガニです。

石をどけたら飛び出してきました。






生き物はいるのですが、アブラボテが少ないので少し移動しました。














先ほどより深みのあるポイントです。

180820-4

近くの岩の隙間にアブラボテが出入りしているようです。

水路の中で胡坐をかいて、のんびり撮影機会を待ちます。










すると何度かアブラボテを撮影する機会を得られました。

180820-5

後ろ姿Ver.ですね。








そして、

180820-6

アップVer.です。

近づいてきてくれました。









さらに、

180820-7

接近オスVer.です。









最後に、

180820-9

立派なオスVer.です。

さらに、ホワイトバランスなどいじりました。


色の感じはかなり生息地に近づいたと思います。

ただ、太陽の光が当たるとまた違った色合いになるので、調整が難しいですね。






なんとか目的のアブラボテは撮影できましたが、思った写真にはならなかったです。

試行錯誤しながらまたリベンジします。



あと一箇所寄ってから帰ります。



ではでは~。





成果
・アブラボテ
・アメリカザリガニ








今回のお気に入りの一枚!!

180820-6





撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/08/20(月) 21:47:10|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真193 兵庫県 (マクロ) ギンブナ、コイ  180811


2018/08/11 の水中写真です。


お盆のお休みで大阪の実家に帰ってましたので、関西圏内をうろうろしました。

休みが短いので、どこに行こうか悩みますね。


ウエットスーツはないので、ウエーダーで撮影できる場所を念頭に水中写真を撮りに行きました。




以前、すぱるたパパさんに教えてもらった場所を目的地に移動していて、一級河川を渡っている際に干上がって隔離された水溜りがあったので、覗いてみました。




ポイントです。

180819-1

本流は濁っていますが、この水溜りは透明度が高いです。

ただ、石に藻が付着していて、全体に緑色っぽいですね。









さて、小さな魚がたくさんいましたので、紹介していきます。



まずは、

180819-2

オイカワです。

水面をヒラヒラと泳いでいます。

体が透明で、生まれてまだ間もないですね。










そして、

180819-3

ギンブナです。

ギンブナの子供は可愛いですよね。

あのずんぐりした体型に癒されます。

なので、写真も結構必死に撮ってますよ(笑)










さらに、

180819-4









180819-5

コイです。

ギンブナによく似ていますが、顔付きとヒゲの有無が違いますね。

赤いフンをしていたので、不思議に思っていたのですが、ミナミヌマエビの死骸を食べているのを見て納得しました。

さすが自然界の掃除屋さん。










次は、

180819-6

マドジョウです。

下流なのでいてもおかしくないですが、久しぶりに見たので、テンションは上がりました。









最後に、

180819-7

ミナミヌマエビです。

ほんとにたくさんいました。

小さくて可愛いですね。

こういったエビたちが生態系を支えているんですね。







少し寄り道のつもりが以外と時間が経ってました。

目的地を忘れるところでした。

さて、移動しましょう。




ではでは~。








成果
・オイカワ
・ギンブナ
・コイ
・マドジョウ
・ミナミヌマエビ








今回のお気に入りの一枚!!

180819-5




撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/08/19(日) 09:15:32|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真192 栃木県 (Gopro6) マタナゴ、オイカワ  180630


2018/06/30 の水中写真です。


Goproの撮り方を色々と試しています。

水中写真の撮影ですが、潜らずに遠隔操作で撮影しました。




栃木まで行ってきましたよ。

水路が一級河川と合流する場所です。

前回より濁りがきついですね。

残念です。








さて、早速撮影です。

180816-1









180816-2

アメリカザリガニです。


いたるところから顔を出していて、たくさんいました。

困ったものです。










そして、

180816-4

オイカワです。









さらに、

180816-5









180816-6

マタナゴです。

メスとオスです。

オスは良い色が出ていますね。

本当は真横から撮りたかったのですが、タイミングが合いませんでした。







ここまで撮影するだけでもかなり苦労しました。

一番大きな問題は携帯からWiFiを通しての遠隔操作では、携帯を操作してから実際の撮影には時間差が発生してしまうことです。

どうしても遅れてしまうんですよね。

ずいぶんとイライラとしてしまいました。

おっといけない、冷静にね。





一応撮影はできましたが、Goproはやはり動画メインで撮影した方がストレスがなさそうです。

まあ、これからも試していきます。



ではでは~。








成果
・アメリカザリガニ
・オイカワ
・マタナゴ









今回のお気に入りの一枚!!

180816-5










撮影機材
カメラ:Gopro HERO6



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/08/16(木) 15:14:53|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真191 静岡県 (広角) アユ  180506


2018/05/06 の水中写真です。


GWの終わりに大阪から東京へ戻ってくる時に少し寄り道しました。

昨年から目をつけていた場所があるんですよね。


さっそく潜ってみました。

楽しみです。





ポイントです。

180616-2

水が少し濁っていますし、天候も曇りのため、少しのっぺりとしたコントラストに欠ける画になりました。









それでもアユはたくさんいましたよ。

180616-1
(ストロボなし)







180616-3
(ストロボあり)

アユです。

綺麗ですよね。







ただ、濁っているのが、どうも納得できません。

目を付けておいた湧き水のポイントへ移動しました。



180616-4








180616-5
(ストロボなし)


おおっ、透き通ってますね。

こんな中を泳ぐのは本当に気持ちいいです♪








さて、お魚たちを探しましょう。



180616-6








180616-7








180616-8








180616-9
(ストロボあり)


たくさんいますね。

アユウグイカワムツでしょうか。


仲良く岩の下に隠れています。

ゆっくり近づけば逃げませんでした。

ふっふっふっ、気配を消すスキルを習得したようです。




いや~、久しぶりに潜って、気持ちよかったです。

こんなに綺麗な場所を他にも探したいところです。


ではでは~。







成果
・アユ
・ウグイ
・カワムツ






今回のお気に入りの一枚!!

180616-6






撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/06/16(土) 13:15:03|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真190 滋賀県 (広角) イワナ 180501


2018/05/01 の水中写真です。


そういえば滋賀でタナゴ釣りをする前にお気に入りの渓流で水中写真を撮っていました。

数年前に訪れた際はあまりの透明度の高さに感動したものです。




さて、ポイントです。

180606-1







180606-2

この日は一部濁っていたため、かなり上流まで遡りました。










まず姿を見せたのは、

180606-3







180606-4

タカハヤです。

たくさん泳いでいて、追いかけると岩の隙間に隠れてしまいました。












そして、次に見えたのは、

180606-5








180606-6

アマゴです。

残念ながら後姿しか捉えられませんでした。












さらに、アマゴを撮影して後ろを振り返るといました。

180606-8







180606-9







180606-7

イワナです。

でかかったですよ。

しかも、すぐには逃げずに、堂々としていました。


ただ、気になったのは尾びれが小さいことです。

もしかしたら放流かもしれませんが、素人にはわかりません。

その内、他の個体も調べてみたいと思います。




それにしても、上流の水は冷たいですね。


ドライスーツを着ていましたが、2時間程度が体力の限界でした。

いつまでもイワナアマゴを眺めていたい欲求にかられましたが、渋々諦めました。




滋賀遠征はここまでです。

帰りには地元の日本酒にワイン、甘酒を買って帰りました。

うん、楽しい一日でした。


ではでは~。







成果
・タカハヤ
・アマゴ
・イワナ







今回のお気に入りの一枚!!

180606-9





撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/06/06(水) 22:24:59|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真189 兵庫県 (マクロ) カスミサンショウウオ卵塊 180303


2018/03/03 の水中写真です。


久しぶりの更新になりますね。

今回は珍しく撮影当日のアップです。

いつも数ヶ月遅れでの記事でしたからね。






3月に入り、春の雰囲気も出てきましたので、カスミサンショウウオを探しに行ってきました。

産卵のために水場に出てくるはずですからね。







ポイントです。

180303-1

落ち葉の積もる大きな水溜りという雰囲気です。

でも、最近はめっきりそういう場が少なくなりました。










何かないかと水溜りを覗き込むとさっそく卵塊がありました。


180303-2








180303-3








180303-4

少し発生が進んでますので、数日前に産卵があったようです。



親もいないかと思い周辺をくまなく探しましたが、見つからず・・・

なかなかタイミングが合わず、ほとんど会えないんですよね。



まだ、チャンスはあるので、もう一度くらい今月中に訪れたいですが、難しいかもしれません (; ^ ^)

諦めないぞ~!




ではでは~。








成果
・カスミサンショウウオの卵塊








今回のお気に入りの一枚!!

180303-3








撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/03/03(土) 23:50:09|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真188 兵庫県 (マクロ) ドンコ、アカハライモリ  171230


2017/12/30 の水中写真です。


まだ未投稿の昨年の記事が残っています(苦笑)


年末に実家へ帰っていましたので、そのタイミングで撮影に行ってきました。

一級河川に流れ込むどこにでもありそうな川でありながら、実は湧水が流れています。

なので、一年中透明度が高いんです。




ポイントです。

180210-1

30mmマクロを使って小物狙いで撮影していきます。

さあ、どんどん岩をめくっていきましょう。










まずは、

180210-2








180210-3

アカハライモリです。

まさか岩の下に隠れているとは。

しかも寒さからか動きが鈍いので撮りやすいです。










そして、

180210-4

オヤニラミです。

尾ビレのみです(笑)

岩の間に体を滑り込ませたまま出てこなくなりました。










さらに、

180210-5

ツチガエルです。

こちらはアカハライモリよりもさらに動きません。

岩に同化しているのでしょう。










そして、

180210-6








180210-7

ドンコです。

まだ若魚ですね。

それでも獰猛そうな顔が印象的です。










最後に、

180210-8

ナマズです。

惜しくもシャッターチャンスを逃してしまいました。

ナマズつながりのギギにも悉く避けられました。

無念!!






湧水なので、水の冷たさは問題なかったのですが、外気はやはり冷たいですね。

ウエーダーでの撮影でしたが、着実に体力を持っていかれました。


もう少し暖かくなり、潜れるようになればまた来たいですね。



ではでは~。







成果
・アカハライモリ
・オヤニラミ
・ツチガエル
・ドンコ
・ナマズ








今回のお気に入りの一枚!!

180210-7






撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2


  1. 2018/02/10(土) 16:17:26|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真187 栃木県 (標準) シマドジョウ、ホトケドジョウ  170930


2017/09/30 の水中写真です。


また湧水の川へ来てしまいました。

広角な画が撮りたいと思ったので。

透明な水の流れを見ていると心が洗われますよ。





ポイントです。

180120-1









180120-2

ほんとうに透き通っています。

天気も晴れていたので、楽しい限りです。








さて、生き物を探しましょう。


まずは、

180120-4








180120-3

アメリカザリガニです。

うまく隠れていますね。

私には見つかりましたが(笑)










そして、

180120-5








180120-6

シマドジョウです。

砂地にはたくさんの数が群れていましたよ。










さらに、

180120-8







180120-7

ホトケドジョウです。

本命です。

本流ではなく、脇を流れる細流に潜んでいます。

このずんぐりした体型が可愛いですよね。







新しい生き物は出てきませんでしたが、生息環境も写し込みながら撮影ができました。

広角の場合、被写体の配置する場所でけっこう悩みますね。

少し悩んであとは直感で決めてしまいます。

良いのか、悪いのか(笑)



ではでは~。







成果
・アメリカザリガニ
・シマドジョウ
・ホトケドジョウ







今回のお気に入りの一枚!!

180120-6






撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M1
ハウジング:Nauticam NA EM1
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/01/20(土) 13:43:55|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

水中写真186 滋賀県 (マクロ) コアユ、サワガニ  170903


2017/09/03 の水中写真です。


なぜか弟が琵琶湖で泳ぎたいと言い出したので、滋賀県に行ってきました。

弟が泳いでいる間、私は琵琶湖へ流れ込む細流で撮影タイムです。




ポイントです。

180113-1

透明度はかなり高いですよ。

しかも浅瀬が続くので生き物を探しやすいですね。








さっそく出てきたのは、

180113-2

コアユです。

すばやい魚がいるなと思えばこいつでした。

逃げ場が少ないのでなんとか撮れましたよ。










そして、

180113-3








180113-4








180113-5

サワガニです。

たくさんの抱卵個体がいましたよ。

稚ガニは一人暮らしを始める直前ですね。










最後に、

180113-6

ヨシノボリ類です。

何の種類でしょうね。

ヨシノボリの見分けはほんとに難しいです。







小さな流れの川だったのですが、たくさんの発見があり、楽しかったですよ。

まさかコアユが見られるとは。

時々、目的地を決めずにフラッと見つけた川へ寄るのも良い出会いがありますね。



ではでは~。







成果
・コアユ
・サワガニ
・ヨシノボリ類







今回のお気に入りの一枚!!

180113-2








撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/01/13(土) 12:37:27|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真185 大阪府 (マクロ) ヤマトヌマエビ、サワガニ  170902


2017/09/02 の水中写真です。


実家に帰ったタイミングで、近くの川へ写真を撮りに行ってきました。

重い水中写真の道具も持参してきましたよ。

コンデジの画像では満足できないので、仕方がないですね。





ポイントです。

180108-1








180108-2

透明度はそこまで良くないですが、浅瀬であれば問題なく撮影できそうです。

ウエーダーを履いて、石をどけながら生き物を探します。









まずは、

180108-5








180108-6








180108-7








180108-8








180108-9








180108-12

ヤマトヌマエビです。

今回の本命を見つけましたよ。

流れの緩やかな淀みを探してましたが、あまり見つからず。

その後、少し流れの速い場所の石をどけるとあれよあれよと見つかりましたよ。

どんな場所に隠れているかコツが掴めてきました。












そして、

180108-3








180108-4

カワヨシノボリです。

いくらでもいるよという感じです。











さらに、

180108-10

ドンコです。

川を散策していると普通にどっしり構えていました。

もう少し近づこうとすると、さっと物陰に隠れてしまいました。

残念!











最後に、

180108-11

サワガニです。

しかも、偶然見つけたのが、子ガニ持ちでした。

もう間もなく生まれますね。







ふ~、なんとか撮りきりました。

ばっちりな収穫ですよ。


水中用の道具を持ってきた甲斐がありました。





ではでは~。







成果
・ヤマトヌマエビ
・カワヨシノボリ
・ドンコ
・サワガニ








今回のお気に入りの一枚!!

180108-12








撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2018/01/08(月) 10:18:50|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真184 栃木県 (標準&マクロ) シマドジョウ、ホトケドジョウ  170826


2017/08/26 の水中写真です。


以前に目をつけておいた湧水の川へやってきました。

セミドライスーツやカメラハウジングなど準備は万端です。


潜るのがずいぶんと久しぶりのような気がします。


ではさっそく突撃です。

広角~標準レンズです。






171216-1

ありゃ、前回より水量が増えて濁っている。

上流側に田んぼがあったのでその影響かもしれません。








まずは、

171216-2

ヨシノボリ類のオスです。

カワヨシノボリかと思いましたが、なんとなく違うような。










そして、

171216-3

ヨシノボリ類のメスです。

これで雌雄がそろいましたね。










次が、

171216-4

シマドジョウです。

水中をほふく前進していると、次々と飛び出してきます。










それから、

171216-5

ミナミヌマエビです。

水草や障害物の下からたくさん出てきますね。









ただ、やはり水質が気になったので、周辺をぶらぶらしていると、水量は少ないながらも湧水の流れを見つけました。

ここからはマクロレンズです。





171216-6

水があることを認識できないほどの透明度です。

・・・ほんとすごいですよ。







まずは、

171216-7

ヨシノボリ類です。










そして、

171216-9







171216-8

シマドジョウです。










そしてついに、

171216-10








171216-11

ホトケドジョウです。

やっと登場です。

川の本流の方にはほとんどいませんでしたが、湧水の流れにはシマドジョウと同数かそれ以上いました。

こんなに沢山見たのは初めてだったので、感動ですよ。

兵庫県で見た場所は限られた生息域、生息数だったのを考えるとここは貴重です。







たくさん撮影しましたよ。

ほとんどドジョウ系でしたが(笑)


セミドライスーツで水が入らないように色々と工夫しましたが、あまり効果は見られませんでした。

結果的にはパンツまで濡れました。


デザインが気に入っていたのですが、やはり水の浸入を防ぐにはドライスーツにする必要がありますね。



さて、帰りましょう。

ではでは~。







成果
・ホトケドジョウ
・シマドジョウ
・ヨシノボリ類
・ミナミヌマエビ








今回のお気に入りの一枚!!

171216-10







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2017/12/17(日) 00:31:06|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真183 大阪府 (コンデジ) ドンコ、ヤマトヌマエビ  170812

2017/08/12 の水中写真です。


お盆で実家に帰ったタイミングで地元の川の上流へ行ってきました。

すっかり毎年の恒例になってきています。

カメラは気軽に持ち運べるオリンパスのTG-3です。






ポイントです。

171123-1

透明度はそこまで高くなかったですね。

少し残念です。

さあ、魚たちを探しましょう。








まずは、

171123-2

カワヨシノボリです。

若い個体が石をめくるたびに飛び出してきます。










そして、

171123-3

サワガニです。

慌てて逃げている瞬間です。










さらに、

171123-4

ドンコです。

石のように動こうとしません。

この川では個体数が多くないので、見られるとラッキーだなと思います。

この日はラッキーでしたね。










そして、

171123-5








171123-7








171123-6

ヤマトヌマエビです。

本命が見つかりました。

個体により色が異なるのが面白いですね。

若い個体は透明ですが、成長するに従い、うまく周りの景色に溶け込むようです。






こんな感じで、比較的たくさんの種類に出会えました。

良かったです♪


ただ、コンデジは画質が納得できませんね。

次は持ち運びが大変だとしてもミラーレスで撮ります。


ではでは~。








成果
・カワヨシノボリ
・サワガニ
・ドンコ
・ヤマトヌマエビ








お気に入りの一枚!!

171123-6






撮影機材
カメラ:OLYMPUS Stylus TG-3 Tough



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2017/11/23(木) 22:02:05|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水中写真182 茨城県 (マクロ) クロメダカ、マドジョウ  170729


2017/07/29 の水中写真です。


以前見つけていた畑脇の水路に行ってきました。

数百m程度の短い水路ですが、水の透明度が高く、護岸もされていないので、雰囲気が最高です。

しかも、水深が浅い!!

ウエーダーをはいて、水中写真を撮影しました。




ポイントです。

171007-1

底質が泥なので、すぐに舞い上がってしまいますね。











足元をよく観察していると小魚の一団を発見しました。


171007-2








171007-3








171007-4

クロメダカです。

やはりメダカの学校はいいですね。

撮影しながらホッとしました。










そして、

171007-5

タニシです。

たくさんいます。

ピンク色の卵もたくさん見られましたよ。











次は、

171007-6








171007-7

タモロコです。

ここにはドブガイも生息しているので、タナゴ類かと思いましたが、こいつでした。

ささっと逃げてしまいます。

臆病なので、少し遠い位置から撮影です。











最後に、

171007-8

マドジョウです。

成魚には逃げれてしまいましたので、幼魚で我慢します(笑)

まだ、小さい上に岩場だったので、うまく砂に潜れないようです。

ふふっ、そう簡単に逃がしませんよと。







どの魚種もどの水路にでも生息していそうですが、なかなかうまく写真を撮影できる環境や水質がないので、貴重な場所ですね。

小さな水路にウエーダーをはいて、しゃがみながら水中カメラを構えている怪しい人でしたが、すっかり時間を忘れていました。

いや~、楽しかったです。



ではでは~。







成果
・クロメダカ
・タモロコ
・マドジョウ








今回のお気に入りの一枚!!

171007-4







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5 Macro
ストロボ:INON S-2000 ×2


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2017/10/07(土) 15:51:38|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

クラシック・アナログ時計

プロフィール

にっし~。

Author:にっし~。
兵庫県在住です。
このブログもとうとう10年目に突入しました。
まさかここまで続くとは(笑)

日本淡水魚は大好きです。
その中でもタナゴはやはり別格ですね。
釣り・繁殖・婚姻色などなどいくつも楽しみがあります。
他には水中写真にも力を入れています。

ただ、周りで淡水魚の釣り・採集・飼育いている人はほとんどいません。
ですので、当ブログで淡水魚に関する意見交換ができればと考えていますm(_ _)m

記事中の色分け
紫色:中層魚、赤色:底物、緑色:甲殻類
水色:両生類、青色:リンク

使用カメラ
SONY α99
OLYMPUS OM-D E-M5、E-M1(水中)

お知らせ

①写真販売:フォトライブラリーにて 写真素材-フォトライブラリー 
写真素材-フォトライブラリー

にっし~。のページ
主なコンテンツ
淡水魚メダカタナゴ水中夕日
興味のある方はどうぞご覧下さい。


②いきものファンイベント「いきもにあ」出展決定
 期間:2019.11.30~2019.12.01
 場所:神戸サンボーホール

最新記事

カテゴリ

総集編 (30)
飼育 (245)
水槽 (205)
稚魚容器 (40)
ガサガサ+釣り (398)
大阪 (35)
兵庫 (224)
岡山 (33)
京都 (17)
滋賀 (13)
四国 (13)
関東 (27)
北陸 (6)
九州 (19)
その他 (11)
水中写真 (211)
フィルム撮影 (57)
お魚図鑑 (24)
水族館 (12)
人工授精・産卵 (12)
そら (50)
旅行・風景 (11)
カメラ・レンズ関係 (22)
自作ボディキャップレンズ (7)
写真集 (2)
色々 (62)
未分類 (0)

関連書籍

現在なし

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード