趣味はと聞かれれば淡水魚と答えます!!

このブログではフィールドでのガサガサ・釣りを報告します。メインはお魚さんです。

色々ー水槽自慢フォトコンテスト

今度地元のペットショップで 「水槽自慢フォトコンテスト」 なるものが行われます。

魚、あるいは水槽の写真を募集してトップ3を決めようという企画(?)らしいです。


もちろん私も参加するつもりです。


しかも、すでにある程度のテーマも決めています。 イェ~イ!!♪

日本淡水魚(日淡)を愛する私(笑)ですから、日淡水槽で攻めます。


ただ、今ある水槽はあまりレイアウトに凝っていません(苦笑)


レイアウトを複雑にすると掃除するときにたいへんなんですよ(^ ^;)

めんどくさがりなので(笑)




ですから、このフォトコンテスト用に水槽をひとつ作りたいと思っています。

水槽を増やすのは楽しいんですよね~♪



イメージも少しありまして、


・超ミニ水槽
・苔が主役
・アクアテラリウム(飼育槽の中に水中部分と陸地部分が混在している動植物の飼育スタイル)


にしようと考えています。


試作ができれば紹介しま~す♪♪







FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m


スポンサーサイト
  1. 2009/01/31(土) 23:31:16|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新アミ

実は前回のガサガサでアミが大破!!

っていうか、もう使えません( > < )


090131-3


完全に二つに分かれています(笑)


直そうかとも思ったんですが、アミの付け根がプラスチックなので直してもまたすぐに壊れる可能性が大きいです。

安物ですからね(笑)


で、ホームセンターで前から目を付けていたブツを買いました♪(^ ^)


090131-4


壊れたブツよりはしっかりしているように思います(笑)


はやくこいつを使いたいな~♪  ウキウキ♪♪






FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m


  1. 2009/01/31(土) 23:05:38|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ろ材

水槽で魚を飼育しているとろ材って高いと思いませんか??




ろ材は消耗品なので定期的に取り替えなければいけません。

ただ、市販の商品は高いです。


私は外掛けフィルターを使っているのですが今まではリングろ材や活性炭を使っていました。



ネットで色々調べてみると100均のスポンジとろ過マットをうまく利用できそうです。



用意するのは


090131-1


この二つと洗濯ネットです。

全部で300円で済みます♪



スポンジとろ過マットを小さく切って洗濯ネットに入れると


090131-2



こんな感じです。



しかも、スポンジもろ過マットも全体の十分の一程度しか使っていません(笑)

コストはかなり抑えることができます♪


スポンジが物理ろ過をマットが生物ろ過を担当するのでろ過能力もそこそこあると思います。


良ければ試してみてくださいm( > < )m





FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/31(土) 00:09:33|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウキゴリ水槽(容器)-破棄

一週間前ほどに立ち上げたウキゴリ水槽(容器)は早々と破棄してしましました0( > < )0



・ウキゴリが底物なんで植えた水草が全て抜ける。
・ウキゴリが小魚(カワムツ、ヒメダカ)を食べ、さらに人工飼料には餌付かない。

などの問題があったからです。


しっかり、考えてから水槽を立ち上げないといけないですね( > < )


立ち上げから三日後の状況です。↓


090128-4



かなりレイアウトが崩れています。


そんなこんながあってウキゴリはフナ、モツゴなどがいる外の発泡スチロールの容器へ移動してもらいました。

時々、覗くと隅に隠れて元気(?)にやっているようです(^ ^)






FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/29(木) 00:11:33|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

23cm水槽ー微笑ましいミナミヌマエビ

23cm水槽にはミナミヌマエビとヌマエビがいます。

こんな感じです。

090128-1


水草(主にコケ)が無秩序に茂ってしまいました(笑)
これもひとつの芸術ということでよろしくm(_ _)m



エビはもちろん自分で採集しました♪


この種のエビはよく色が変化するのでおもしろいですね~



いつもどおり今日も朝、水槽を覗くと・・・

090128-2



かなりしっかりつかまっています。
滑りそうですけどね~(苦笑)


アップは

090128-3



なんかおもしろい♪♪(笑)


朝から微笑ましかったです(^ ^)





FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m


テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/28(水) 23:55:14|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 9 クロメダカ

クロメダカ



9 クロメダカ1

9 クロメダカ3
大阪の大和川で採取
 (普通のクロメダカかな~)




9 クロメダカ4
滋賀の用水路で採取
 (非常にきれいなクロメダカ♪)



9 クロメダカ5
奈良の用水路で採取
 (かなりゴツイ!)


9 クロメダカ6

9 クロメダカ7
兵庫のY川で採取
 (薄くピンク色をした個体が多くきれい♪)




☆ダツ目 メダカ科 メダカ属


全長  
  4cm程度


捕獲場所
  大和川、滋賀の用水路、奈良の用水路、兵庫のY川

捕獲方法
  ガサガサ



水槽内の位置
  上層

飼育難易度(1:易~5:難)
  1



雌雄の見分け
  オスは背びれ後縁に切れ込みがあり、尻びれが長い

繁殖期
  4~8月




データ 
日本に生息する最も小さい淡水魚で、地方名が数多くある。流れが緩やかな場所に生息している。口が小さく、上を向いており頭部が大きい。エサはなんでも食べる。繁殖期は春から夏にかけて。環境が良いと毎日産卵する。水温変化にも強く表面の水が凍っていても生きていける。


現在は絶滅危惧種に指定されている。生育場所が開発などで壊されていき、さらにブラックバスやカダヤシなどの外来魚問題がある。とくにカダヤシは生育場所が同じということで影響が大きい。


品種改良としてヒメダカ、シロメダカ、アオメダカ、アルビノメダカ、ダルマメダカ、楊貴妃メダカなどがある。特にヒメダカはペットショップでよく見かけるためメダカといえばヒメダカを思い浮かべる人が多くなっている。


さらに、稲作などが衰退し生活の中からメダカがいなくなったために地方名が減少の一途をたどっている。
  1. 2009/01/27(火) 23:44:16|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 8 ヌマエビ

ヌマエビ



8 ヌマエビ1
大阪の近木川で採取




☆エビ目 ヌマエビ科 ヌマエビ属


全長  
  3cm程度


捕獲場所
  近木川

捕獲方法
  ガサガサ



水槽内の位置
  底層

飼育難易度(1:易~5:難)
  1



雌雄の見分け
  オスは第2腹肢に突起をもつ

繁殖期
  3~10月




データ 
体色は変化が大きく個体ごとに違う。この種は淡水型で一生を淡水で過ごす。繁殖期は春から夏にかけて。エサは基本的に草をつまんでいる。
  1. 2009/01/27(火) 23:22:30|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 7 ウキゴリ

ウキゴリ



7 ウキゴリ1
大阪の津田川で採取




☆スズキ目 ハゼ科 ウキゴリ属


全長  
  10cm程度


捕獲場所
  津田川

捕獲方法
  ガサガサ



水槽内の位置
  底層

飼育難易度(1:易~5:難)
  2



雌雄の見分け
  メスは繁殖期に腹部が黄色になる

繁殖期
  5~6月




データ 
基本的に岩の下などに隠れて過ごすが、名前のとおり時々水中を回遊する。体色は淡黄色や黒色の混じった斑模様の個体がいてよく変化する。エサは小魚やエビなどの生餌を好む。産卵期は春から夏で、メスの腹が大きくなる。オスは岩の下などに縄張りをつくりメスを呼び込む。岩に付着した卵はオスが保護する。このウキゴリは一生を淡水で過ごす。 
  1. 2009/01/27(火) 23:14:18|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 6 スジエビ

スジエビ



6 スジエビ1
大阪の津田川で採取





6 スジエビ2
大阪の大和川で採取




☆テナガエビ目 テナガエビ科 スジエビ属


全長  
  オス 4cm程度 、 メス 5cm程度

捕獲場所
  津田川、大和川、用水路、ため池、兵庫の用水路

捕獲方法
  ガサガサ、セルビン



水槽内の位置
  底層

飼育難易度(1:易~5:難)
  1



雌雄の見分け
  オスの第2腹肢には独特の突起がある

繁殖期
  5~8月




データ 
サイズはメスの方が大きい。体の各所に黒い筋が入っており、これが名前に由来している。色は生育環境によって変化する。死ぬと白くなる。ヌマエビに比べて腰の折れ曲がりが大きい。手足には黄色のラインが入っている。夜行性である。肉食性が強い。エサはイトミミズや小魚などだが、エサが少ないと共食いしてしまう。繁殖期は春から秋まで。卵から孵るとゾエアの状態で一ヶ月ほど過ごし、稚エビになる。
  1. 2009/01/27(火) 22:58:34|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 5 タモロコ

タモロコ



5 タモロコ1
大阪のため池で採取





☆コイ目 コイ科 タモロコ属


全長  
  10cm程度


捕獲場所
  ため池

捕獲方法
  釣り



水槽内の位置
  中層・下層

飼育難易度(1:易~5:難)
  1



雌雄の見分け
  オスは繁殖期に追星がでる

繁殖期
  4~7月




データ 
体色は銀色で、側線は太い。口ひげが長く、体型はずんぐりしている。エサはなんでも食べる。繁殖期は春から夏で水草などに卵を産み付ける。 
  1. 2009/01/27(火) 22:37:41|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 4 モツゴ

モツゴ



4 モツゴ1
大阪のため池で採取




☆コイ目 コイ科 モツゴ属


全長  
  10cm程度


捕獲場所
  用水路、ため池

捕獲方法
  釣り、セルビン



水槽内の位置
  中層・下層

飼育難易度(1:易~5:難)
  1



雌雄の見分け
  オスは繁殖期に暗色になり追星がでる

繁殖期
  4~7月




データ 
非常に一般的に見られる魚である。口が小さく、受け口なためクチボソとも呼ばれる。エサはなんでも食べる。側線は稚魚の時にははっきりしているが成魚になると消える個体もいる。春から夏の産卵期にはオスの頭部に追星がでて、体色が黒色に変化する。卵はオスによって保護される。飼育は容易だが、性格は臆病ですぐに物陰に隠れる。 
  1. 2009/01/27(火) 22:28:31|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 3 キンブナ

キンブナ



3 キンブナ1
大阪の野池で採取




☆コイ目 コイ科 フナ属


大きさ  
  15cm程度


捕獲場所
  野池

捕獲方法
  釣り



水槽内の位置
  中層・下層

飼育難易度(1:易~5:難)
  1



雌雄の見分け
  オスは成熟すると頭部に追星が現れる

繁殖期
  4~6月




データ 
体は黄褐色の鱗で覆われ、光を反射する。体高は低く、フナ類の中では一番小型である。オス対メスの割合はほぼ1:1である。飼育は容易。冬は下層に留まってほとんど動かない。
  1. 2009/01/27(火) 22:17:09|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 2 オイカワ

オイカワ



2 オイカワ1
大阪の津田川で採取



2 オイカワ2

2 オイカワ3
兵庫のY川で採取




☆コイ目 コイ科 オイカワ属


全長  
  15cm程度


捕獲場所
  津田川、大和川、奈良の用水路、兵庫のY川、兵庫のYN川

捕獲方法
  ガサガサ、セルビン、釣り



水槽内の位置
  上層・中層

飼育難易度(1:易~5:難)
  1



雌雄の見分け
  オスは繁殖期に婚姻色や追星がでる

繁殖期
  5~8月




データ 
一般的に体色は全体が銀色である。エサはなんでも食べる。ただ、成魚を水槽で飼うと餌付きにくい。オイカワはよくジャンプするので飼育する場合は水槽にフタが絶対に必要である。成魚のオスは春から夏にかけての産卵期になると頭部に追星がでて、緑色や赤色の入り混じったきれいな体色を示す。
  1. 2009/01/27(火) 21:58:15|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑 1 カワムツ

カワムツ



1 カワムツ1
大阪の近木川で採取




1 カワムツ2
大阪の津田川で採取




1 カワムツ3

1 カワムツ4

1 カワムツ5
和歌山の湯子川で採取




☆コイ目 コイ科 オイカワ属


全長  
  15cm程度


捕獲場所
  近木川、津田川、湯子川、兵庫のY川、兵庫のYN川

捕獲方法
  ガサガサ、釣り、セルビン



水槽内の位置
  中層

飼育難易度(1:易~5:難)
  1



雌雄の見分け
  オスは繁殖期に婚姻色や追星がでる

繁殖期
  5~8月




データ 
 
側線がはっきりしている。エサは配合飼料でもなんでも食べる。成魚のオスは春から夏にかけての産卵期になると頭部に追星がでて、腹が赤く染まる。産卵は流れのゆるやかな砂礫地で行う。


以前はカワムツA型、B型と分けられていたが現在はA型がヌマムツ、B型がカワムツと呼ばれている。ヌマムツとカワムツの見分け方は簡単で腹鰭が赤く染まっているのがヌマムツである。
  1. 2009/01/27(火) 21:41:14|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デジカメって難しい

このブログを始めてから写真を撮るって難しいなと思いました。

特に魚は生き物なのでよく動きます0( > < )0

撮った写真はピンボケばかりです(泣)


今使っているデジカメは2,3年前に買ったOLYMPUSのμ DIGITL 600。
名前のとおり画素数は6万です。

090126-5
(携帯で撮影)


普通に人や風景を撮るだけなら何も難しくありません。


しかし、ブログに載せる写真は出来るだけ「きれいに」、「大きく」、「はっきり」撮りたいわけですよ。


で、このデジカメにはスーパーマクロという機能が付いていてかなりアップで撮れます。

ただアップになった分、手ぶれがひどくなります。
しかも魚が動く(泣)

090126-1




他にも撮影状況が選べてスポーツ、手ぶれ軽減などが出来ます。

しかし、これは写真がかなり粗くなってしまします。

090126-2




手ぶれはなんとか少なくできても魚が動くのは仕方がない・・・

ならシャッタースピードを速くするしかない!!


そういうことで ISO感度をいじりました。
オートになっていたのを100に変更!



スーパーマクロ、 ISO感度100で撮影しました。

すると、お~!!!


090126-3


きれいだ!  撮る角度は違うが様になってる気がする(笑)





しかし、まだ手ぶれがあり多少ブレてしまう。

そこでこいつの出番!!


090126-4


そう、カメラ用三脚です♪


これを使えば手ぶれは防げる!


まだ三脚は使ったことがないのでこれから使ってみたいと思います。

めんどくさくならなければ(笑)





FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m


  1. 2009/01/26(月) 22:08:31|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お魚図鑑

このカテゴリでは私が今までに採取(ガサガサ釣り)した”淡水魚+水辺の生き物”を色々な情報と共に載せていきたいと思います。



まあ、いろんな魚がいすぎて自分で把握できないからまとめよう!!っていうことなんですけどね(笑)
  1. 2009/01/26(月) 21:08:24|
  2. お魚図鑑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪の川2 近木川 (ガサガサ)   カワムツ

書いてるうちに日付が変わってしまった(笑)  
このネタは昨日の出来事ですm(_ _)m


またまたガサガサネタです。  

朝は別の用水路へ行って、昼からは川へ行きました。

この川は子供のころからよく連れて行ってもらっていた場所です。
「いつもの川」って言えばこの川ですかね♪


そのいつものポイントへ行く前に少し水が流れるところを見つけました。


090125-1


もう一枚

090125-2


こんな場所を見るとなんか”うずうず”してくるんですよ(笑)

急いでアミを持ってきてガサガサしました。


090125-3


ヌマエビです。
ヌマエビは個体によって色が違うのであきることはないですね♪

しかも、さっそく観察ケースを使ってみました♪♪



次に

090125-4


ヨシノボリです。
何匹かアミに入りましたが小さい個体ばかりでした。
カワヨシノボリだと思うんですけどはっきりとはわからないです0( > < )0


ここはこれぐらいしかいませんでした。






さて、次はいつものポイントです。

090125-5

反対側は

090125-6


こんな感じです。



2,3日前まで雨が降っていたのでやっぱり増水してました(苦笑)

ガサガサしにくいかな~(汗)

岩をどけたりしながらガサガサしたのですが全く魚がいません 0( > < )0




作戦変更です。
落ち葉の下辺りを中心に探しました。

すると

090125-7

ドンコです。
たぶん・・・。 
なにしろ初めて見ましたし、まだ稚魚でした。
しかし、顔はやっぱりいかつい(笑)



さらにいつものこやつ


090125-8


カワムツです。
いつもどおりきれいですね~。

昔からこの川でこの魚に遊んでもらっていたのでなんとなく愛着がわきますね。


淡水魚の採取と育成は去年の夏から始めて、まず捕まえたのがこの川のカワムツなんですよ!!
だから、私の原点とも言える魚ですかね~。

090125-9


ちょうど手のひらサイズ♪



さらにこんなものまで捕れました。

090125-10


ハグロトンボのヤゴです。始めミズカマキリかと思いました(笑)


あとはヌマエビがまた捕れたくらいですね。





次は少し下へ降りたところです。

090125-11



反対側は

090125-12

こんな感じです。


ここも前に来たときはカワムツが捕れたんですけど今日はさっぱりでした0( > < )0


このへんで今日のお勤めは終了です(笑)



ほんとは他にも行きたいポイントがあったんですけど時間がなくて行けませんでした。
またそのうちガサりたいと思います♪







成果
・カワムツ(中)       1匹
・カワムツ(小)       多数
・ドンコ(小)         1匹
・ヨシノボリ(小)       多数
・ヌマエビ           多数

・ハグロトンボのヤゴ   1匹



FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/26(月) 00:30:49|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪の用水路1 (ガサガサ)  モツゴ

こんばんわ。

今日は寒かったですね。  私が住んでいる所では雪が少し降りましたよ。


しか~し、寒さに負けずガサガサです♪♪


ポイントはこんな感じです。

用水路ポイント1


さらに


用水路ポイント2


なんとなく魚がいそうでしょ???


周りがコンクリートで舗装されていないんで期待です!!



さっそくガサガサといきたいところなんですけど、この場所は住宅地のど真ん中!!

そんな中でアミを持って漁っていたらちょっと変な人かも・・・

その程度の羞恥心は持っていますんで(笑)


しかたなく、セルビンを仕掛けさせていただきました。


その後セルビンを引き上げるまで用水路の周りをぶらぶらしていて気が付いたのですが、めっちゃ生活廃水が流れ込んでました。


あ~あ、これは魚いないかな0( > < )0



そんなことを考えて仕掛けを引き上げると



・・・モツゴ(小) 1匹



やっぱり、こいつか~

そりゃ生活廃水が流れ込む水の中で生きていけるのはモツゴやフナくらいだよね0( > < )0




めんどくさくて写真も撮っていない始末ですよ。


魚のいる雰囲気だけはある用水路だな~(笑)



成果
・モツゴ(小)  1匹







FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/25(日) 20:46:30|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観察ケース

よくブログで魚を紹介するときに観察ケースを使っているのを目にします。

やはり横から見たほうが魚の同定もしやすいですし、なによりきれいですよね。


でも、観察ケースって注文したらけっこう高いみたいです。


今回はそれなら作ってしまおう!っていう企画です。

DIY = Do It Yourself (自分で作ること)  ってやつです。

用意した物は


観察ケース(用意する物)



・100均のクリアーケース(155×101×54mm)
・下敷き
・余り物の発泡スチロール


これだけです。



作業は
・発泡スチロールを切る
・下敷きを切る
・上の二つをくっつけてはめ込む


のみッス!!




完成形は


観察ケース(完成)


こんな感じです。

下敷きにはマス目があり長さが測れるようになっています。

発泡スチロールのしきりもはめ込んでいるだけなので魚の大きさによって動かすことができます。
この観察ケースはこの点が一番気に入ってますよ♪♪


これからどんどん使っていきたいと思います(≧口≦)





FC2ブログランキングに参加しました。
ポチっと一押しお願いしますm(_ _)m

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/25(日) 20:20:03|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40cm水槽ーリセット

前回少し紹介した40cm水槽ですが、リセットしました。

それもこれも奴らが増殖しだしたからですよ(≧へ≦)


そう、!!!です。


緑ゴケが水槽の表面にかなり付着してました。


色々理由を考えた結果、生体の数が多い!! という結論に至りました。


まあ、40cm水槽に
  カワムツ大 4匹  ・  カワムツ小 6匹
  オイカワ大 1匹  ・  オイカワ小 5匹
  キンブナ 1匹
  ヤリタナゴ 1匹  ・  シロヒレタビラ 1匹
  スジエビ大 3匹  ・  スジエビ小 7匹


これだけの数がいればそりゃ苔も発生するわな! と変に納得してしまいましたよ。



カワムツ・オイカワ水槽2


見るからにいっぱいいますね(笑)



この写真を撮った後

朝、寒い中で水槽を洗いましたよ~

表面はいつもティッシュでふいていたんですが、ネットで調べるとスポンジが良いとのコト。

さっそく試しました。

すると「あっ!!」と言う間にきれいになりました。
(前からスポンジを使ってれば良かった~0( > <)0

で、底砂も洗ってきれいにしたらこんな感じです。


カワムツ・オイカワ水槽リセット


きれいになりましたね~~

さっそくあいつら(魚)をいれていきます!


カワムツ・オイカワ水槽リセット後



きれいな水槽にきれいな魚!!

最高ですね♪♪


この瞬間のために私は水槽リセットをやってますからね(笑)

少しでもこのきれいな状態を維持していきたいと思います。






カワムツ・オイカワ水槽の詳細

カワムツ大     4匹
オイカワ大    1匹
ヤリタナゴ    3匹
シロヒレタビラ  1匹
スジエビ大    2匹
スジエビ小    2匹



キンブナや残りの魚は屋外の発泡スチロールの容器に移しました。
そちらの方も時間がある時に書きたいと思います。

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/23(金) 03:10:49|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40cm水槽ースジエビの本性1

今日(正確には昨日ですが)は晴れましたね。


突然ですが私の家の水槽状況について少し説明します。

現在、メインの40cmお魚水槽と23cmエビ水槽とアカヒレ・メダカ容器、ウキゴリ容器があります。
(他にも小さい容器はいろいろとありますが・・・)


冬真っ只中ですが一応毎朝エサをあげています。
やっぱり朝は寒いですね~ o( > < )o


で、今日も朝からエサをあげようとメインの40cm水槽を見たら・・・




オイカワ・カワムツ水槽1


こんな感じですよ。

オイカワとカワムツがメインで~す。  キンブナ?もいます。

すぐにはわからないかもしれないですが右上の方ですよ(\_\)

アップの写真を載せますね。



スジエビがカワムツ小を襲う



なんと!! 頭のないカワムツ小をスジエビが襲っているではないですか!!



スジエビの凶暴性を垣間見た瞬間ですね。



しかし、頭がないのはおかしいなぁっと思ってると弟が

「フナが小さい魚食べとったで」

なんて気軽に言うではないですか!?




・・・フナ~~~~~~!!!!


最近おとなしいと思っていたら、腹減ってたんかい!!
思わずつっこんでしまいましたよ。


さらに5分ほどその場を離れているすきにこんな状況に!?



スジエビがカワムツ小を襲う2



においをかぎつけたのかスジエビがどんどん集まってくるではないですか。


その後、カワムツ小はほとんど骨だけになってました o( > < )o


スジエビは水槽内のハイエナですね(泣)







ついでに前のガサガサで捕獲したオイカワの画像も載せておきます。


オイカワとカワムツ1


一緒にカワムツも写ってま~す。


このまま元気に育ってくれればいいな~

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/20(火) 01:10:45|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウキゴリ水槽(容器)ー立ち上げ

今日は雨で寒いですね~。


そんなことは気にせず昨日採取したウキゴリの水槽(容器)を今日新しく立ち上げました。

新しく水槽を立ち上げるのは楽しいですね♪  

特にレイアウトなんかを考えながらいじって、最後に魚を入れた時。
自分が考えているよりきれいにできたら最高ですよ~(≧ロ≦)


今回は小さい容器ですがなんとか陸の部分も作ってみました。


ウキゴリだけでは寂しいなと思い、カワムツの稚魚とヒメダカも入れちゃった(苦笑)
食われるかなぁo( > < )o


陸の部分には現地で採集したコケとよくわからない水草を植えました。

フィルターやブクブクは入れないつもりなので酸素供給源としてエビモとアナカリスも入れています。



で、完成形はこんな感じ!!





ウキゴリ水槽1



どうでしょうか??
私なりには及第点ですかね。

かざりとして拾った貝殻も置いています( ^ ^ ゞ

水が少ないんですぐに汚れてしまうかも・・・。
まあ、水換え頑張ります( ^ ^ )


これからこいつらの様子を見ていきたいと思います。




ウキゴリ水槽(容器)の詳細
 
ウキゴリ       2匹
カワムツ(稚魚)  4匹
ヒメダカ       5匹
ヌマエビ       4匹

カワムツ       2匹

エビモ
アナカリス

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/18(日) 22:03:11|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大阪の川1 津田川 (ガサガサ)  オイカワ、ウキゴリ

昨日、ブログを始めてさっそくガサガサへ行ってきました。

大阪の川です。昨日少し雨が降ったようですが水はそれほど多くなく魚が見やすい状態でした。

まずは川の側の用水路。

用水路1


ここではスジエビしか採れませんでした。
次に本命の川へ降りていきました。



こんな感じです。

ポイント2

はやる気持ちを抑えてガサガサです。



結果は・・・

オイカワ2

オイカワです。 きれいですね~。 実は前からいいなぁと思っていた魚です。  


次に

スジエビ1

スジエビです。 かなり大きかったですよ。

他にはカワムツや小さいヨシノボリが網に入ってきました。





また、場所を移動しましてさらに上流です。

上流3

流れがゆるやかでゴツゴツした石が多く、底物の魚がいそうな雰囲気です。


石をいくつかどけていると

トウヨシノボリ1

カワヨシノボリです(たぶん)。   けっこう大きいですね。





さらに石をとりゃ~っとどけると


ウキゴリ1

おお~!!! ウキゴリですよ!!  
私は底物といえばヨシノボリ(小)しか見たことがなかったので感動です!!!
このときがテンションMAXです。  書いてる今でもテンションが高い(笑)

調子に乗ってべつの角度からもう一枚。

ウキゴリ2

ちょっとふてぶてしい顔をしてますね(笑)




さらにもう少し奥に魚の集まるポイントがありました。

上流4

足場が悪く踏ん張りにくいですが、網を振ってみると



カワムツ1

カワムツです。  やっぱりこいつがいますね~。
この辺の川にはこいつばっかりですよ。


カワムツと一緒に網に入ったのが


ギンブナ1

ギンブナですね。  小さくて可愛かったのですがうろこが少しはがれてしまっていました。 フナはもっと下流の川にいるイメージだったんですけどね~。


この辺でいい時間になり、帰ることにしました。



今日は前から欲しかったオイカワだけでなく、ウキゴリまで採れていい一日になりました。
オイカワ一匹とウキゴリ二匹のみお持ち帰りです。




成果
・オイカワ     多数
・カワムツ     多数
・ギンブナ     2匹
・ウキゴリ     4匹
・カワヨシノボリ  1匹
・ヨシノボリ(小) 多数
・スジエビ     多数

・カワニナ     多数

・エビモ     

テーマ:淡水魚 - ジャンル:ペット

  1. 2009/01/17(土) 21:21:37|
  2. 大阪
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

どうぞよろしく

ブログはじめてみました。 
これから我が家の淡水魚の報告をしていきます。
気軽に読んでみてくだいね。
  1. 2009/01/17(土) 00:10:40|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クラシック・アナログ時計

プロフィール

にっし~。

Author:にっし~。
兵庫県在住です。
このブログもとうとう8年目に突入しました。
まさかここまで続くとは(笑)

日本淡水魚は大好きです。
その中でもタナゴはやはり別格ですね。
釣り・繁殖・婚姻色などなどいくつも楽しみがあります。
他には水中写真にも力を入れています。

ただ、周りで淡水魚の釣り・採集・飼育いている人はほとんどいません。
ですので、当ブログで淡水魚に関する意見交換ができればと考えていますm(_ _)m

記事中の色分け
紫色:中層魚、赤色:底物、緑色:甲殻類
水色:両生類、青色:リンク

使用カメラ
SONY α99
OLYMPUS OM-D E-M5(水中)

お知らせ

①写真販売:フォトライブラリーにて 写真素材-フォトライブラリー 
写真素材-フォトライブラリー

にっし~。のページ
主なコンテンツ
淡水魚メダカタナゴ水中夕日
興味のある方はどうぞご覧下さい。

最新記事

カテゴリ

総集編 (24)
飼育 (245)
水槽 (205)
稚魚容器 (40)
ガサガサ+釣り (358)
大阪 (34)
兵庫 (212)
岡山 (27)
京都 (17)
滋賀 (12)
四国 (9)
関東 (11)
北陸 (6)
九州 (19)
その他 (11)
水中写真 (179)
フィルム撮影 (54)
お魚図鑑 (24)
水族館 (12)
人工授精・産卵 (12)
そら (50)
旅行・風景 (11)
カメラ・レンズ関係 (22)
自作ボディキャップレンズ (7)
写真集 (2)
色々 (57)
未分類 (1)

関連書籍

現在なし

カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード