趣味はと聞かれれば淡水魚と答えます!!

このブログではフィールドでのガサガサ・釣りを報告します。メインはお魚さんです。

臨時プラ容器ー闘病9日目


2010/02/20 のことです。


イチモンジタナゴタイリクバラタナゴの闘病生活も一週間を過ぎました。





まず、イチモンジタナゴです。


100228-1

100228-2


まだ血が滲んでますね (; ^ ^)


ただ、もう一匹のオスも含めて順調に回復しています。


あと一週間もすれば完治しそうです。







問題はこのタイリクバラタナゴです。


100228-3

ほとんど回復していません。

う~ん、グリーンFゴールドが効いていないのでしょうか (; ^ ^)



スポンサーサイト
  1. 2010/02/28(日) 20:49:46|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

40cm水槽ー整列

2010/02/20、21のことです。





02/20

100227-1

100227-2


なぜかきれいに整列してました(笑)


まだ慣れてないのか端のほうで寄り添ってます。

でも私が近づいても逃げません (; ^ ^)


意外と肝がすわっているのだろうか。







02/21

100227-3

かわいいな~♪ (\^ ^\)




  1. 2010/02/27(土) 23:29:13|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

23cm水槽ータイリクバラタナゴのオスは目が赤い

2010/02/20 のことです。



最近この水槽にアカヒレを移動させました。


しかし、写真に写るのはタイリクバラタナゴばかり(笑)



100225-1


100225-2


100225-3


写真栄えするんでしょうかね。



そうえいばタイリクバラタナゴのオスは冬の婚姻色が出ない時期でも目は赤くなってます。

メスと見分けやすいです。








おまけ


100225-4

66cmプラ容器のドジョウです。

仲良く二匹並んでました ( ^ ^ )




  1. 2010/02/25(木) 22:24:43|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

臨時プラ容器ー闘病5日目


2010/02/16 のことです。



闘病中のイチモンジタナゴについてです。



まずは

100224-1

メスです。






次に

100224-2

オスです。





腫れはどちらもおさまました。

あとは出血が収まれば完治ですね。


グリーンFゴールドが効いてくれました。



あと少し頑張れ!!



  1. 2010/02/24(水) 21:18:45|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

66cm水槽ー二枚貝エリア


2010/02/16 のことです。


平日は仕事なので魚達とのコミュニケーションを図る場は朝のエサやりの時しかありません。


ただ、今までその朝のコミュニケーションも満足に取れない状態でした。

容器を引越ししてからなかなか懐いてくれなかったんです。

しかし、やっと最近物陰から姿を現してくれるようになりました ( ^ ^ )




100223-1


エサを貪ってます(笑)

十分な量のエサをあげているつもりなのですが最近カネヒラに水草を食べられてます。

う~ん、もう少しエサを増やしたほうがいいんだろうか。







そういえばこの容器の左端にはこんな容器を置いてます。



100223-2


砂を敷いた底の浅い容器です。


その名も「二枚貝エリア」!!


タナゴ達は来る繁殖期にここの二枚貝に産卵してくれでしょう。




以下は今入ってる二枚貝です。




まずは

100223-3

イシガイです。おそらく・・・







次に

100223-4

マツカサガイです。おそらく・・・





どちらも昨年、岡山で採取した個体です。

今年こそ活躍して欲しいと思います。









そういえば、この容器の横に小さい稚魚容器があります。

100223-5

昨年の秋に生まれたアカヒレの稚魚がいたのですが最近姿が見えません。

とうとう冷え込みに負けてしまったのかもしれません ( > < )


残念です!!!




  1. 2010/02/23(火) 22:42:27|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

臨時プラ容器ー闘病3日目


2010/02/14 のことです。


最近、魚の病気の記事ばかりなのですが今回もです。

なんかすいません m(_ _)m




以前に隔離したタイリクバラタナゴ1匹とイチモンジタナゴ2匹を薬浴し始めて3日が経ちました。






まずは


100222-1

100222-2

イチモンジタナゴのメスです。



こいつは目で見てわかるぐらいに出血が収まり、腫れもひいてきました。

正直、薬浴の威力を思い知らされました。

こんなにすぐに効くとは思いませんでした。








次は


100222-3

タイリクバラタナゴのメスです。



先ほどのイチモンジタナゴとは打って変わってほとんど変化なしです。








3匹まとめて。

100222-4


う~ん、イチモンジタナゴは順調に治ってるのになぜタイリクバラタナゴは・・・


なぞだ!?



まあ、まだ闘病3日目ですし、もう少し薬欲を続けます。




  1. 2010/02/22(月) 21:18:48|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

40cm水槽ー全水替え


2010/02/14 のことです。


最近、水温が低くて病気になる個体が増えてきたのですがこの40cm水槽でもその傾向が・・・


この40cm水槽はイチモンジタナゴゼゼラアカヒレしかいないのですが、イチモンジタナゴが底に体をこすり付ける動作をするようになりました (; ^ ^)

病気(白点病など)の前触れかもしれません。


なので思い切って全水替えを行いました。




100221-1

底砂、水草も洗いました。

透明です。





イチモンジタナゴは一時的にバケツに移動してもらいました。


100221-2

なんとなく魚の影を撮ってみました。

意外と面白い ( ^ ^ )






また別の容器に移して水合わせを行いました。


100221-3


100221-4


100221-5


端のほうで寄り添ってます。

近づくと水が飛び散るくらいに暴れました(苦笑)







時間をかけて水合わせをし、水槽に投入です。


100221-6






アップにすると

100221-7

水に慣れてないせいもあるのでしょうが、色が抜けてしまいました (; ^ ^)

真っ白ですね。




一応、薬浴もさせています。

これで症状が改善してくれるといいんですけども (; ^ ^)





  1. 2010/02/21(日) 18:57:51|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

稚魚容器ーメダカが逃げるよ


2010/02/14 のことです。


久しぶりにゆっくり稚魚容器のクロメダカを観察しようと近づくと勢いよく逃げられてしまいました(苦笑)


仕方がないのでカメラを構えたまま、じっと息を殺して向こうから近づいてくるのを待ちました。

なぜか危ない人のような感じになってしまいました(笑)




100220-5


太陽の光が足らず全体的に暗い写真になってしまいました。

もっとアップで撮りたいのですが近づくと逃げてしまうんです (; ^ ^)


もっと仲良くなりたいと思います。

とりあえずエサをあげるときに話しかけます(笑)



  1. 2010/02/20(土) 21:58:16|
  2. 稚魚容器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

23cm水槽ーゼゼラはかわいい


2010/02/14 のことです。



観察しながら写真を撮ってます。

休みの日の日課です ( ^ ^ )/




ゼゼラです。

100220-1


100220-2


横から見ても正面から見ても可愛い♪♪


この破壊力はすごいですよ(笑)


この姿に日ごろの疲れを癒してもらってます。









タイリクバラタナゴです。

100220-3

オスです。

この水槽にはオスが2匹いますが、こいつは昨年婚姻色を楽しませてくれた個体です。

鰭が日毎に赤く染まっていくのは見ててうれしかったです ( ^ ^ )








100220-4

こいつもオスですが、なぜか昨年婚姻色が出ませんでした (; ^ ^)

ですが、今年は期待できそうです。


今でも若干、鰭が赤くなってるんです。

目の錯覚かもしれませんが(笑)





はっ、少し観察するつもりがすでに30分も経ってる (°□° ;)/



  1. 2010/02/20(土) 21:47:38|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

66cmプラ容器ー病気と薬


2010/02/11 のことです。


66cmプラ容器の魚達も私に慣れてきてエサをあげようとすると水面まで上がって来てくれるようになりました。


ちょっとうれしい♪



久しぶりにゆっくり魚達を観察して至福の時間をすごしていました。




すると異変に気が付きました。



えっ!!



イチモンジタナゴのお腹が腫れてる??


よく見ると3匹中2匹も腫れてました。



他の魚(タイリクバラタナゴイトモロコギンブナなど)に同様の症状はないようです。




とりあえずイチモンジタナゴ2匹は隔離です。


う~、少し前に40cm水槽のタイリクバラタナゴも病気で隔離したのに。



はっ、待てよ!!


そういえば40cm水槽の水を使いまわししたときがあったような・・・



もしかしてそれが原因かも (; ^ ^)







まずはイチモンジタナゴの現状を観察です。



1匹目

100219-3


100219-4


100219-5

イチモンジタナゴのメスです。


1、2枚目で出血、3枚目で腫れているのがわかります。

ここまでくればさすがに上から覗いていてもわかります。

水槽ではないため横から観察できず発見が遅れてしまいました。

細菌感染症(おそらくエロモナス症)だと思います。






2匹目

100219-6


100219-7

イチモンジタナゴのオスです。



こちらも同じ状態ですね。










2匹まとめてです。

100219-8


こんなになるまで気づけなかったことに後悔しています。





慌てて治療用の薬を買いに行きました。



近くのペットショップでエロモナスに効く薬を尋ねるとグリーンFゴールドが最も効くと強く勧められました。

私はフレッシュリーフを購入しようかと考えていたのですが店員さんがあまりにも強く勧めてくれるので負けて買ってしまいました。



100219-9

1580円でした。




さっそく隔離したイチモンジタナゴ2匹とタイリクバラタナゴ1匹のいるプラ容器に規定量より薄めにして投入しました。


しばらく様子をみます。




なんとか元気になってほしいです ( > < )




  1. 2010/02/19(金) 23:10:41|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

23cm水槽ー黒い板


2010/02/11 のことです。



この23cm水槽は底砂を敷いていません。




100219-1



しかし、底が白く明るいので魚達(特にタイリクバラタナゴ)は落ち着かないようです。




そこで底に黒い板(プラスチック)を敷きました。



100219-2


これである程度は落ち着くかと思います。





以前から少し気になっていたのですが写真を撮るとき上部にあるスチールラックの棒が写り込みます (; ^ ^)

光の関係で写るときと写らないときが・・・



色々と試行錯誤が必要のようです(苦笑)





  1. 2010/02/19(金) 21:06:55|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

淡水魚ポスター(大阪府の淡水魚)


2010/02/09 のことです。



100218-1


ポスターが届きました。


そう淡水魚のポスター(B2版)です。



しかも大阪府の淡水魚!!

54種類の淡水魚の写真が載っています。



もちろん淀川水系のイタセンパラアユモドキなんかも掲載されています。



うぉ~、うれしい♪

楽しみにしていたんですよね~




大阪の環境農林水産総合研究所か水生生物センターで無料配布していて平日(土日は休み)に行くともらえます。

私は平日が仕事なので郵送していただきました。






かなり楽しみにしていたのでポスター用フレームも購入済みです。


100218-2


これで破れたり、傷ついたりする心配がなくなりました。






せっかくなので少しアップで撮ってみます。



まず上部。

100218-3





そして下部。

100218-4





さて、どこに飾ろうかな♪♪





  1. 2010/02/18(木) 20:52:34|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

夕日10


2010/02/07 のことです。



16時半です。




100217-31




手前は川。

日が沈もうとしている。

今日が終わるんですね。



テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2010/02/17(水) 21:41:13|
  2. そら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵庫の川34 I川 (ガサガサ)  イチモンジタナゴ   100207


一時期暖かくなったかと思えば最近また寒くなってきました。

しかし、はやいもので2月中旬になりました。





2010/02/07 のガサガサです。




前回は新規ポイントを開拓しようかとブラブラしましたがあまり成果はありませんでした。


ってことで最近のお気に入りポイントに来てしまいました。






ポイント1です。


100217-1


100217-2


100217-3


相変わらず水は冷たいですがウェーダーというものがあるのです!!

まったく問題なしです。



ドンドン突き進みます。





落ち葉などの下を攻めてみました。





まずは

100217-4

100217-5

カマツカです。






次に

100217-6

100217-7

ゼゼラです。





カマツカゼゼラは似ていますが、頭の長さでわかりますね。

見慣れると一目で見分けができます。


しかし、ゼゼラはかわいいな~ (\^ ^\)





さて、少し移動です。











ポイント2です。

100217-8


奥の木の根っこの辺りにアミを突っ込みました。


あまり期待せず引き抜きました。






100217-9

100217-10


100217-11

100217-12

イチモンジタナゴのオスです。



おぉ、またこの姿を拝めました。

上の2枚は以前に紹介した方法で撮影してみました。

水が少ないとうまく鰭を開いてくれないです (; ^ ^)

水の量を調節しないといけないですね~。








さらに

100217-13


100217-14

100217-15

イチモンジタナゴのメスです。






さらに

100217-16


100217-17

100217-18

イチモンジタナゴのメスです。







またペアでも写真を撮ってみました。


100217-19

100217-20


う~ん、うまく撮れない (; ^ ^)

アクリルの表面にキズが付いててあまりきれいではないですね。












次は

100217-21


100217-22

100217-23

タイリクバラタナゴのオスです。


うまく鰭を開いた写真が撮れました ( ^ ^ )

これくらいのサイズはほんとうにかわいいです。







さらに

100217-24

100217-25

タイリクバラタナゴのメスです。







さらに

100217-26

100217-27

タイリクバラタナゴのオスです。







こいつらもペアで撮ってみました。


100217-28


いつも反対側を向いてしまいます (; ^ ^)







次は

100217-29

カワムツです。







こいつらくらいですかね。


後はオイカワイトモロコのチビが大漁にアミに入ってきたくらいです。





このポイントの魚種はだいたい捕まえましたが底物がまだ何種類かいそうです。

大き目の岩がごろごろしているのでその下を探ればもしかしら・・・


ただ、私は底物の捕獲は苦手なんですよね (; ^ ^)

またじっくり調査したいと思います。








成果

イチモンジタナゴ   オス 1匹   メス 2匹
タイリクバラタナゴ   オス 2匹   メス 1匹
ゼゼラ   多数
カマツカ   多数
カワムツ   3匹
イトモロコ   多数
オイカワ   多数

ミナミヌマエビ   多数
スジエビ   多数




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2010/02/17(水) 21:36:19|
  2. 兵庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

40cm水槽ー飼育容器の移動4

2010/02/07 のことです。


水槽の移動や新規立ち上げなどを色々と行ってきましたがきましたが今回で一段落です。


40cm水槽は元々、タイリクバラタナゴがいましたが23cm水槽に移動してもらいました。


この水槽のタナゴ種はイチモンジタナゴのみにします。

それもこれも今年の夏にイチモンジタナゴの産卵を狙っているからです!!


まあ、狙ってできるものではありませんが・・・ (; ^ ^)




できるだけいい環境を作ってやりたいなと思います。






ざっと水槽を洗って立ち上げました。


100216-1


水が透明です。

きれいですね~♪



イチモンジタナゴ達は左端にかたまってしまいました。



写真に撮りやすかったので撮ってみました。




100216-2



100216-3



100216-4


オスはやっぱりきれいです。


暖かくなる春が待ち遠しいです ( ^ ^ )/




エサはプレコフードを中心に与えています。

餌付きにくいかと心配していたのですが、目の前にエサが落ちてくると意外とあっさり食いつきました。



これからが楽しみです♪











そういえば水槽を置くために立てたスチールラックに色々と変化がありました。




100216-5


40cm水槽一つだった棚に23cm水槽も置いています。


右側からは太陽光が入ってくる状態です。








スチールラック全体はこんな感じです。


100216-6


一番下が66cmプラ容器で色々な種類の魚がいます。








さらにこの区画全体はこんな感じです。


100216-7


なんと、さらに右側には一回り小さいスチールラックがあります(笑)

こちらには稚魚容器が設置されています。

現在、昨年生まれたクロメダカが入ってます。







なぜか気が付けば水槽が増えている(笑)


しかし、全く後悔してません!!



  1. 2010/02/16(火) 20:47:24|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

23cm水槽ー飼育容器の移動3


2010/02/07 のことです。



今まで眠っていた23cm水槽をとうとう起動させるときがきました。

この水槽、以前紹介したときはガンプラが入っていました(笑)


これです。

091217-3




しかし、とうとう本来の用途で活躍できます。








40cm水槽にいたタイリクバラタナゴゼゼラをこちらへ移すことにしました。



タイリクバラタナゴの一匹は病気に感染したので隔離していて、オス2匹とメス3匹の合計5匹を移しました。
ゼゼラは2匹移動です。








100215-1


中央に産卵用の二枚貝をセットして底砂はなしです。

このほうが掃除が楽だなということがありました。


ただ、ゼゼラは底砂があったほうが落ち着くかなという気もしますが (; ^ ^)


しばらく様子を見ることにします。








100215-2

タイリクバラタナゴです。


新居に移動してすぐは落ち着かないようです(苦笑)

ただ、丈夫な魚なのであまり心配はしていません。








100215-3

ゼゼラです。


かわいい♪ (\^ ^\)

こいつは横からみると可愛さが伝わります。






あまり魚を入れすぎないように注意して飼育していきたいと思います。


気がつくとどこからか連れて来ているということがよくありますから(笑)




  1. 2010/02/15(月) 21:58:33|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

稚魚容器ー飼育容器の移動2

2010/02/07 のことです。



スチールラックを置いたので水槽なんかも色々と変更してみました。


稚魚容器はあまり物のタッパなどを利用していたのですが容積がそれほどなくクロメダカ達は窮屈そうでした。



夏の繁殖期に向けて大きめの稚魚容器をセットすることにしました。





今までの稚魚容器1です。


100214-1


100214-2


ほんとにタッパです(笑)

昨年、クロメダカの飛び出しもありました。


小さい容器ではダメですね。








稚魚容器2です。

100214-3

100214-4

こちらもすっかりコケが生えていました。


放置しすぎましたね(苦笑)





昨年生まれて、今まで生き残ったのは8匹だけでした。


私の育て方が悪いのでしょうね (; ^ ^)

今年こそは大繁殖させたいと思います。








そのための新・稚魚容器です。


100214-5


底砂は少し大目に敷いておきました。


水草はすぐに成長すると予想して少なめにしています。






繁殖期が来るまではクロメダカ8匹とミナミヌマエビ2匹入れてます。


100214-6


100214-7



あ~、春が待ち遠しいです ( ^ ^ )/


冬はみんな活性が落ちてしまって相手をしてくれないのでヒマですね(笑)




  1. 2010/02/14(日) 12:30:12|
  2. 稚魚容器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あおぞら3

2010/02/06 のことです。



14時半です。



100211-1


快晴です。


気持ちよくて外に出てみました。

風が強かったです(苦笑)




  1. 2010/02/11(木) 19:25:01|
  2. そら
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵庫の用水路5 (下見)  100206


最近は毎週必ず川に行ってます(笑)

きっとヒマなんです。





2010/02/06 の下見です。





今回はI川の支流やその周辺の用水路を調べてみました。




まずはI川の支流です。





ポイント1

100210-1




ポイント2

100210-2




夏にこの辺りで釣りをした時はヌマムツオイカワが釣れました。


冬は釣るのは難しそうですね。


水は減っていて、透明度も高かったです。

夏は濁っていて底が見えない状態でした。









次にその周辺の用水路です。


100210-3

100210-4

100210-5


畑の横に完全に舗装された用水路がありました。

水も少し残っていて、特に3枚目の写真のたまりは枯れ木なんかがあり魚のいそうな雰囲気はありました。


我慢できずアミで探ってみると入るのはゴミばかり。



やはりダメでした ( > < )






今のうちにいいポイントを見つけておいて暖かくなってからゆっくり来ようかなと考えています。

しかし、今回の下見では新規のポイントは見つけられずです。




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2010/02/11(木) 00:02:00|
  2. 兵庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

40cm水槽ータイリクバラタナゴの病気??1


2010/02/06 のことです。



2週間ほど前からケガをしているようなタイリクバラタナゴのメスがいました。



しかし、タイリクバラタナゴはけっこう丈夫で少々のキズは自力ですぐ治していたのであまり気にしませんでした。




100209-1


100209-2


100209-3





しかし、2週間経っても一向に治る気配がないのでおかしいなと思いネットで聞いてみるとエロモナス症かもしれないとの回答をいただきました。



慌てて隔離して、今は水換えで様子をみています。


それでもダメなら薬を投入するしかないです (; ^ ^)


他の同居していた魚はまだ何も変化なしです。



う~ん、大丈夫かな。


心配です。



  1. 2010/02/09(火) 22:42:12|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

40cm水槽ーイチモンジタナゴとタイリクバラタナゴ1


2010/02/06 のことです。



ネットで色々見てると「少し水を入れた浅い容器にタナゴをそっと置くと鰭をきれいに広げてくれるので良い写真が撮れる」という記事を見つけました。


おっ、これは使える ( ^ ^ )/


と思い、さっそく100均に容器を買いに行きました。



で、いてもたってもいられなくなり撮影しました。







まずは

100208-1

イチモンジタナゴのオスです。





タナゴの中では体高が低いです。
そのフォルムがいいんですよ(\^ ^\)

鰭が少しピンク色ですね。


全く見飽きません♪♪










次は

100208-2

タイリクバラタナゴのオスです。



すっかり色が抜けて真っ白になってしまいました(苦笑)

もう少し色があったはずなのですが・・・







実際にこの方法で撮影するときれいに撮れることを実感しました。

タナゴが鰭を広げてくれるのでいいですね ( ^ ^ )


今回は室内の撮影でした。





次のガサの時にはこの容器も持って行き撮影に使いたいと思います。

外ではさらにきれいに撮れるのではないかと期待してます♪ ( ^ ^ )/



  1. 2010/02/08(月) 22:41:35|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

40cm水槽ーイチモンジタナゴとゼゼラが仲間入り

2010/01/30 のことです。


I川で採取したイチモンジタナゴゼゼラを40cm水槽に入れました。



100207-1

イチモンジタナゴのオスです。





100207-2

イチモンジタナゴのメスです。





イチモンジタナゴ専用の水槽を作る予定なのですがまだ用意ができていないのでとりあえずタイリクバラタナゴと同居してもらいます。


繁殖期だとタイリクバラタナゴの気が荒くなって追いかけられる可能性もありますが今の時期は大丈夫だと思います。








続いて

100207-3



100207-4

ゼゼラです。


このちょこんと立ってる姿がなんとも言えず可愛いです♪♪




とりあえず仮住まいしてもらいまして、またヒマな時に新居を考えたと思います。



・・・あれっ、水槽増える??



まあ、いいか~ ( ^ ^ )/



  1. 2010/02/07(日) 21:56:17|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兵庫の川33 I川 (ガサガサ)  イチモンジタナゴ、ゼゼラ  100130

ひぇ~、寒いッス。

今日の朝は雪が降ったようです。
風も強くて外へ出たくなくなってしまいます。




2010/01/30 のガサガサです。



前回と同じポイントです。



しかし、装備に大きな違いがあります!!


そう、それはこいつです!!





100206-1

ウェーダーです。


長靴は踏み込める範囲が限られている上に、先日浸水を確認しました。


新しい長靴を買うくらいならウェーダー買っちゃうか~ ( ^ ^ )/

っていう感じで買ってしまいました。




実は今まで意識して買わないようにしていたのです。

買ってしまうと本当に「淡水魚の世界」から抜け出せなくなってしまうんじゃないかと危惧していました。



・・・おそらく、もう抜け出せません!!


ハッハッハッ、もういいや(笑)

我慢は体によくないですよね ( ^ ^ )




買ったからには使うしかありません。

装着して突撃です。





ポイント1です。

100206-2

100206-3

100206-4



前回と同様に水は透明です。


ウェーダーを着てるので膝上に水が来てもこわくありません。


対岸の木の周辺を攻めました。





まずは

100206-5

ゼゼラです。


いきなり初採取の魚とご対面です( ^ ^ )


すげ~。

ウェーダーすげ~。


長靴では届かない場所に隠れてました。


それにしても、ゼゼラかわいいな。

この写真ではわからないですけど前鰭でちょこんと立っているときは愛らしいですよ。


また、そのうちに紹介します。








次は

100206-6

100206-7

100206-8

タイリクバラタナゴのオスです。


数は多くないですがちゃっかり生息してます。







さて、移動です。



ポイント2です。

100206-9

100206-10

100206-11


ここもそんなに深くないのでウェーダーで十分突撃できます。


やはり木などの周辺を攻めました。






まずは

100206-12

100206-13

アブラハヤです。

こいつも初採集です。


テンションが上がりますね♪




ドンドンいくぞ~。



勢いよくアミを出すと意外なやつが入ってきました。





なんと

100206-14

100206-15


100206-16

100206-17

イチモンジタナゴのオスです。


うぉ~。

えっ、イチモンジ??

始めはカネヒラのチビかもと思いましたがよく見るとイチモンジタナゴです。



私は意外とイチモンジタナゴと縁があるのかもしれません(笑)





その周辺をさらに探ってみると

100206-18

100206-19

イチモンジタナゴのメスです。






さらに

100206-20

100206-21

イチモンジタナゴのメスです。







さらに

100206-22

イチモンジタナゴの稚魚と思われる個体です。

元気に成長して欲しいです。






せっかくなのでペアで撮影してみました。


100206-23

100206-24

オスは鰭がうっすらピンク色です。

なかなか美しさを伝えるのが難しい (; ^ ^)







この時点で大満足ですがさらにガサしました。





次は

100206-25

100206-26

タイリクバラタナゴのオスです。







次は

100206-27

イトモロコです。





次は

100206-28

オイカワです。






次は

100206-29

100206-30

100206-31

カマツカです。







次は

100206-32

カワムツです。








次は

100206-33

タモロコです。







次は

100206-34

100206-35

スジエビです。








次は

100206-36

ミナミヌマエビです。





色々採れました。

まさかこんなに採取できるとは思いませんでした。

魚がじっとしてるのでガサしやすいですね。

おまけに水も少ないですし。





さて、また移動です。



ポイント3です。

100206-37

100206-38

100206-39

何かいそうな雰囲気はありますが、かなり泥が溜まっていて歩きにくい状況でした。

軽くアミを出しましたが入るのはミナミヌマエビオイカワのチビくらいです。




こんなもんですね。



いや~、充実した日でした。

寒さも忘れて魚を追いかけてました。

心はまだまだ少年です(笑)

寒くても来たくなるようないい場所ですね~♪♪




今回はイチモンジタナゴの成魚3匹とゼゼラを少しお持ち帰りしました。







成果

イチモンジタナゴ   オス 1匹   メス 2匹   未成魚 2匹
タイリクバラタナゴ   オス 2匹
ゼゼラ   7匹
アバラハヤ   1匹
イトモロコ   多数
タモロコ   1匹
オイカワ   多数
カワムツ   1匹
カマツカ   多数


ミナミヌマエビ   多数
スジエビ   多数




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2010/02/07(日) 00:01:03|
  2. 兵庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

66cmプラ容器ーまずはクロメダカ


2010/01/26 のことです。



新規に立ち上げた飼育環境が落ち着き、エサをあげよう近づくと慌てて逃げる魚達。


う~、嫌われた ( > < )



ごめんよ、いきなり引越ししてしまって。

でも、家に亀裂が入ってたんだよ。



なんて言い訳しても、近づいてはくれませんでした (; ^ ^)







ただこいつだけは相変わらずです。


100205-1



100205-2



クロメダカです。




すぐにエサを食べ始めました。


順応がはやい!!

さすがです。




他の魚達はまだ隠れてるので自然と写真はクロメダカだけ(苦笑)




次はあいつらも顔を見せてほしいものです。



  1. 2010/02/05(金) 23:42:42|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

66cmプラ容器ー新規立ち上げ

2010/01/25 のことです。



01/23に発泡容器や40cm水槽を窓際のスチールラックに移動させました。


それが無事に終われば問題なかったのですが発泡容器を移動させた後に水漏れしている可能性があることに気づきました。


ということで、出費は痛いですが新規の容器を買いました。





これです。

100204-1


収納ボックスです。

あえて黒色を選びました。
なんとなく黒色のほうが魚は馴染みやすいかなと思いまして。





さっそく砂やら水草やらを移し、水をそっと移し、舞い上がった砂が落ち着くまで待ってから魚達を投入しました。




で、ラックにセットしました。




100204-2



これで終わり・・・




と、思ったのですがよく考えると一番重いものを一番上に置くのはバランスが悪く、最悪の場合ラックが倒れるんじゃないかと心配になってしまいました。



心配性なんです (; ^ ^)







またモゾモゾと作業して66cmプラ容器を一番下へ移動させました。





100204-3


ふぅ~、これでなんとかなったかな。


水を抜くのが面倒くさくてそのまま持ち上げて移動させました。
腰が痛くなってしまいました(苦笑)




おかげでバランスもよくなり一安心です。





そしてここに移動させた理由は窓際ということもありますが、部屋の構造上くぼんだ場所なので上部につっかえ棒をはさんで簡易のカーテンを付けれるのです。






こんな感じです。



100204-4

これで部屋の電気をつけてもそれほど光は入り込まないでしょう。


室内に水槽なんかを置くと日照時間やうまく夜を作ってやるのに苦労します (; ^ ^)




一応、これですっきりしましたし、7割ほど完成です。


実はまだ隣にスチールラックを置く計画をしてます(笑)





ヤ、ヤバイ!!


水槽が増えるかも(苦笑)




  1. 2010/02/04(木) 23:50:58|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

兵庫の川32 I川 (ガサガサ)  タイリクバラタナゴ、オオヨシノボリ  100124

イェ~イ♪

寒いですが、魚のためならなんのその!!



2010/01/24 のガサガサです。



今回はいつものY川から少し離れてみました。


冬枯れで水の少ない今こそガサのチャンス!!



と意気込んで昼過ぎに出発したのはいいのですが、会社の先輩から呼び出しが・・・

それが終わるとなんと3時半 (; ^ ^)



ヒェ~、時間がないよっ。


慌ててポイントへ行きました。







ポイントです。


100203-1


100203-2


100203-3


100203-4



すっかり水が少なくなっていました。

かなり足の長い影ができてしまいました(笑)


今回のガサも長靴と2本のアミで行いました。









ざっと観察しているとこんなのが


100203-5


アカザの死体です。




死んでいるのは残念ですがこのあたりにはアカザが生息しているということです。


テンションが上がってきました。

石をどかしながら当たりを探っていきました。











まずは

100203-6

イトモロコです。








次は

100203-7

オイカワです。








次は

100203-8

タモロコです。








次は

100203-9

100203-10

オオヨシノボリです。 たぶん・・・


ヨシノボリの判別は難しいです。
感覚です(苦笑)









次は

100203-11

100203-12

カワヨシノボリです。 たぶん・・・






アカザがなかなか見つからず石をどけるのも疲れてきたので次のポイントへ移動しました。

しかし、水が冷たいな~ (; ^ ^)
なぜか、足も冷たいし。














次のポイントです。

100203-13


100203-14


100203-15


この大きい水溜りのようなポイントだけ水が青く見えました。


一目見て気に入りました。

自然と「うわぁ~」なんていう声が出てしまうくらいですから(笑)





こういうポイントをガサするのは気が引けてしまいますが物陰をアミで探ってみました。











まずは

100203-16

100203-17

タイリクバラタナゴのオスです。


おお~、この川でははじめてのタナゴです。

まだ、ヒレが赤く婚姻色が残ってます。
さすがタイリクバラタナゴ(笑)









さらに

100203-18

100203-19

タイリクバラタナゴのオスです。








さらに

100203-20

100203-21

タイリクバラタナゴのオスです。








さらに

100203-22

100203-23

タイリクバラタナゴのメスです。




このポイントでは他にチビのオイカワが採れたくらいです。








タイリクバラタナゴが4匹採れたので集合写真を撮ってみました。





100203-24



100203-25



100203-26




一枚目は自分でもなかなかうまく撮れたかなと思います。

偶然ですが(笑)

バックに何も置かないほうがいいですね♪

ただ仕切りを置いてやらないと勝手に動いてうまく撮れないんですよね (; ^ ^)


さて、どうしたものやら。









ここで帰るつもりだったのですが少し下流を少しガサしてみました。



ポイントです。

100203-27



見るからにいそうですよね~

木の根元を攻めてみると







100203-28

チビのタイリクバラタナゴのオスです。



あとはオイカワがどっさりと採れました(笑)






空も暗くなり始め、寒くなってきたので帰ることにしました。

長靴を脱ぐと足が濡れてる・・・


あれっ、今日は水没しなかったのに。


つまり、水が染み込んでる??



う~、新しい長靴が必要かも ( > < )








成果

タイリクバラタナゴ   オス 4匹   メス 2匹
オイカワ   多数
タモロコ   1匹
イトモロコ   1匹
オオヨシノボリ   1匹
カワヨシノボリ   1匹

ミナミヌマエビ   多数
スジエビ   多数




テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2010/02/03(水) 22:16:45|
  2. 兵庫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

クラシック・アナログ時計

プロフィール

にっし~。

Author:にっし~。
兵庫県在住です。
このブログもとうとう8年目に突入しました。
まさかここまで続くとは(笑)

日本淡水魚は大好きです。
その中でもタナゴはやはり別格ですね。
釣り・繁殖・婚姻色などなどいくつも楽しみがあります。
他には水中写真にも力を入れています。

ただ、周りで淡水魚の釣り・採集・飼育いている人はほとんどいません。
ですので、当ブログで淡水魚に関する意見交換ができればと考えていますm(_ _)m

記事中の色分け
紫色:中層魚、赤色:底物、緑色:甲殻類
水色:両生類、青色:リンク

使用カメラ
SONY α99
OLYMPUS OM-D E-M5(水中)

お知らせ

①写真販売:フォトライブラリーにて 写真素材-フォトライブラリー 
写真素材-フォトライブラリー

にっし~。のページ
主なコンテンツ
淡水魚メダカタナゴ水中夕日
興味のある方はどうぞご覧下さい。

最新記事

カテゴリ

総集編 (24)
飼育 (245)
水槽 (205)
稚魚容器 (40)
ガサガサ+釣り (362)
大阪 (34)
兵庫 (213)
岡山 (27)
京都 (17)
滋賀 (12)
四国 (12)
関東 (11)
北陸 (6)
九州 (19)
その他 (11)
水中写真 (179)
フィルム撮影 (54)
お魚図鑑 (24)
水族館 (12)
人工授精・産卵 (12)
そら (50)
旅行・風景 (11)
カメラ・レンズ関係 (22)
自作ボディキャップレンズ (7)
写真集 (2)
色々 (57)
未分類 (1)

関連書籍

現在なし

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード