趣味はと聞かれれば淡水魚と答えます!!

このブログではフィールドでのガサガサ・釣りを報告します。メインはお魚さんです。

23cm水槽ー撤去  100828


2010/08/28 のことです。


政治的理由(?)により23cm水槽が撤去になってしまいました ( > < )

う~(泣)



まあ、単なるスペースの問題なんですけどね(笑)

はやく一人暮らしがしたいです。



23cm水槽にいたアブラボテは気が荒く、混泳には向かないので泣く泣く生息地へ返しました。




100919-1

それにしてもこの空になった水槽はどうしよう・・・

また、ガンプラでも中に入れようかな ( ^ ^ )(笑)



スポンサーサイト
  1. 2010/09/19(日) 20:11:54|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岡山の用水路8 G用水路 (釣り)  ヤリタナゴ、アブラボテ  100821


最近は秋っぽくなり、涼しくなってきました。

その分、昼と夜の温度差も大きくなったように思います。

うちの魚達は・・・、おそらく大丈夫でしょう (笑)



2010/08/21 の釣りです。



またまた、岡山です。

とりあえず飽きるまで通います ( ^ ^ )/


もちろん、あのアイテム(鈎はずし、スレ鈎、黄身ねり)も持参しました。



100916-1

やはり、ここは水量が多いのでいつものお気に入りのポイントへ行きました。






ここです。

100916-2

さっそく、スレ鈎・黄身ねりのタッグで釣り開始です。



まず勢い良く食いついて来たのは

100916-3

アブラボテです。

チビです。
タイリクバラタナゴのこのサイズはなかなか釣れないのですが、アブラボテだとあっさり釣れますね (; ^ ^)/



その後も釣れ、このサイズが多かったです。

100916-4

4,5cmくらいですね。





アブラボテはたくさん釣れました。

しかし、今回のメインはこいつです。

100916-5

ヤリタナゴです。

今までこのポイントに来てもほとんど釣れなかったのですが、今回は入れ食いです♪♪



次も

100916-6



次も

100916-7

ヤリタナゴです。






一番の大型個体はこいつ。

100916-8

100916-9

100916-10

100916-11

100916-12

ヤリタナゴのオスです。

さすがに婚姻色は出てないです。

残念!! ( > < )

それでも、釣った瞬間はすごく綺麗でした。




タナゴ以外では

100916-13


100916-14

カワムツです。




他には

100916-15

コウライモロコ?です。



以前まで使っていたグルテンだと、カワムツなどは積極的に食いついて来ましたが、黄身ねりを使うとあまり食いついて来ませんでした。

その点はすごく助かりました。

黄身練りが重宝される理由が分かった気がします ( ^ ^ )/




あと、鈎はずしも効果抜群でした。

魚に触らず鈎がはずせて、魚へのダメージを最低限で済ますことができました。

持ち帰るにしても、リリースするにしてもキズのない状態がベストですからね~。






さて、集合写真です。

100916-16

ウジャウジャしてます(笑)

これだけ釣れて満足です♪♪




そして、アブラボテの集合写真です。

100916-17

100916-18

チビばかりでした。





次に、ヤリタナゴの集合写真です。

100916-19

100916-20

100916-21

100916-22

大型個体は1匹だけでした。

今まではほとんどアブラボテだっただけに、これだけヤリタナゴが釣れてうれしかったです。




いや~、地元のおじさんのアドバイスは素直に聞くものですね ( ^ ^ )

そういえば、鈎は極タナゴから秋田狐スレ鈎0.8号に替えましたがほとんど違和感がありませんでした。

ほんとのチビタナゴを釣る時に差がでるのでしょうね。


なんにしても楽しいひと時でした♪




成果
・ヤリタナゴ   16匹
・アブラボテ   14匹
・カワムツ   3匹
・コウライモロコ?   1匹



テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/16(木) 18:39:27|
  2. 岡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

色々ー鈎はずし&スレ鈎&黄身ねり  100820


2010/08/20 のことです。


前回の釣りで教えてもらった地元のおじいさんからのアドバイスを実践してみました。




まずは、鈎はずし!

100913-1

容器の上にゴムを張りました。

このピーンと張ったゴムで釣った魚を傷つけずに鈎からはずします。

手順は簡単、釣った魚を容器内の方に向け、鈎をゴムに引っ掛け、下方向へクルッと回すだけ♪

あら、簡単!!  これだけで鈎からはずれます。



ただ、このときに使う鈎はスレ鈎が必須。

カエシがある場合この方法は無理です。







で、次がスレ鈎と黄身ねり!

100913-2

写真のスレ鈎は秋田狐スレ鈎の0.8号です。

かなり小型の鈎です。

私は小物狙いなのでこれくらいかなと ( ^ ^ )/



そしてエサは今までのグルテンから黄身ねりに変更です。

これも地元のおじいさんのアドバイスです。

せっかくなので試します。



次の釣りが楽しみです♪♪



  1. 2010/09/13(月) 22:26:47|
  2. 色々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

66cmプラ容器ーミナミヌマエビとミゾレヌマエビ  100808


2010/08/08 のことです。


プラ容器を覗くとこいつらが並んでました。


100907-1

ミゾレヌマエビ(左)とミナミヌマエビ(右)です。

うまく擬態してます。


ミゾレヌマエビの方が透明で腰の曲がりが大きいです。
ミゾレっぽい模様も出てます。



ミナミヌマエビは完全に2色に分かれてます。
真ん中の白い線以外はすっかり緑色になってます。



個人的にはミナミヌマエビの方が好みです ( ^ ^ )/

理由は”顔が優しそう”っていう所です(笑)

理解いただけるでしょうか?? ( ^ ^ )



  1. 2010/09/07(火) 23:05:48|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岡山の用水路7 G用水路 (釣り)  ヤリタナゴ、アブラボテ、カネヒラ  100808


9月に入りましたが暑さはまったく変わりませんね(苦笑)

まだまだ真夏日が続きそうです。


2010/08/08 の釣りです。


またまた岡山へ行きました。

イェイ!!♪♪


ポイント1です。

100904-1

100904-2

いつもの細い溝で釣りました。

魚の群れが行き来してるのもいつも通りです。


さっそく鈎にグルテンを付け、釣り始めると

100904-3

アブラボテです。

1匹目からすごいチビでした(苦笑)

その後も、アブラボテの猛攻です。




他に釣れたといえば

100904-4

コウライモロコ?です。

こいつくらいです。



他の種類も釣りたいので今回はポイントを変えることにしました。





ポイント2です。

100904-5

100904-6

ここもかなり幅の狭い水路です。


座ってゆっくり釣りを開始すると、まずは

100904-7

アブラボテです。




さらに

100904-8

アブラボテ(オス)です。





さらに

100904-9

100904-10

100904-11

アブラボテ(オス)です。

真っ黒な個体でした。

これはこれで魅力的です♪( ^ ^ )





さらに

100904-12

アブラボテ(メス)です。

すこし産卵管が伸びてます。





その後もアブラボテの猛攻でした。

この用水路のアブラボテの数はすごいですね。




そのアブラボテを差し置いて釣れたのは

100904-13

100904-14

カネヒラ(メス)です。

体高があって、大きいですね~





他には

100904-15

ヤリタナゴです。




さらに

100904-16

100904-17

ヤリタナゴです。




さらに

100904-18

100904-19

ヤリタナゴです。


オスかメスかわかりません (; ^ ^)

あまり大きいのが釣れませんでした。

残念です (; - -)




タナゴ類以外では

100904-20

カワムツです。




釣れた種類はこれくらいですね。

今までなかなかヤリタナゴが釣れなかったので今回は釣れて良かったです。




集合写真です。

まず全体

100904-21

大きいのがカネヒラです。




次はヤリタナゴのみ

100904-22

この地味な体色が好きです(笑)





最後にサヨナラの瞬間

100904-23



なかなか収穫の多い釣りでした。

また、日焼けして黒くなってしまいましたが・・・(苦笑)





成果
 釣り
・アブラボテ(オス・メス)   多数
・カネヒラ(メス)   1匹
・ヤリタナゴ   3匹

・カワムツ   2匹
・コウライモロコ   1匹
・イトモロコ   1匹





おまけ

100904-24

釣りポイント付近の風景です。

落ち着いた雰囲気です。




そういえば釣りをしていると近所のおじいさんが色々とアドバイスをくれました。

①グルテンより黄身練りの方がよい
②針はスレ鈎にした方が魚にダメージがない(今までは極タナゴを使用)
③魚を入れる容器の上に糸を貼り、鈎を引っ掛けて魚を落とせば魚に触らず鈎をはずせる(スレ鈎が必須)

などなどです。

次回の釣りにはこれを活かしたいと思います。

近所のおじいさんに感謝です ( ^ ^ )/





テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2010/09/04(土) 18:14:58|
  2. 岡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

クラシック・アナログ時計

プロフィール

にっし~。

Author:にっし~。
兵庫県在住です。
このブログもとうとう8年目に突入しました。
まさかここまで続くとは(笑)

日本淡水魚は大好きです。
その中でもタナゴはやはり別格ですね。
釣り・繁殖・婚姻色などなどいくつも楽しみがあります。
他には水中写真にも力を入れています。

ただ、周りで淡水魚の釣り・採集・飼育いている人はほとんどいません。
ですので、当ブログで淡水魚に関する意見交換ができればと考えていますm(_ _)m

記事中の色分け
紫色:中層魚、赤色:底物、緑色:甲殻類
水色:両生類、青色:リンク

使用カメラ
SONY α99
OLYMPUS OM-D E-M5(水中)

お知らせ

①写真販売:フォトライブラリーにて 写真素材-フォトライブラリー 
写真素材-フォトライブラリー

にっし~。のページ
主なコンテンツ
淡水魚メダカタナゴ水中夕日
興味のある方はどうぞご覧下さい。

最新記事

カテゴリ

総集編 (25)
飼育 (245)
水槽 (205)
稚魚容器 (40)
ガサガサ+釣り (374)
大阪 (34)
兵庫 (217)
岡山 (29)
京都 (17)
滋賀 (12)
四国 (13)
関東 (16)
北陸 (6)
九州 (19)
その他 (11)
水中写真 (182)
フィルム撮影 (54)
お魚図鑑 (24)
水族館 (12)
人工授精・産卵 (12)
そら (50)
旅行・風景 (11)
カメラ・レンズ関係 (22)
自作ボディキャップレンズ (7)
写真集 (2)
色々 (57)
未分類 (0)

関連書籍

現在なし

カレンダー

08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード