趣味はと聞かれれば淡水魚と答えます!!

このブログではフィールドでのガサガサ・釣りを報告します。メインはお魚さんです。

66cmプラ容器ー病気と薬


2010/02/11 のことです。


66cmプラ容器の魚達も私に慣れてきてエサをあげようとすると水面まで上がって来てくれるようになりました。


ちょっとうれしい♪



久しぶりにゆっくり魚達を観察して至福の時間をすごしていました。




すると異変に気が付きました。



えっ!!



イチモンジタナゴのお腹が腫れてる??


よく見ると3匹中2匹も腫れてました。



他の魚(タイリクバラタナゴイトモロコギンブナなど)に同様の症状はないようです。




とりあえずイチモンジタナゴ2匹は隔離です。


う~、少し前に40cm水槽のタイリクバラタナゴも病気で隔離したのに。



はっ、待てよ!!


そういえば40cm水槽の水を使いまわししたときがあったような・・・



もしかしてそれが原因かも (; ^ ^)







まずはイチモンジタナゴの現状を観察です。



1匹目

100219-3


100219-4


100219-5

イチモンジタナゴのメスです。


1、2枚目で出血、3枚目で腫れているのがわかります。

ここまでくればさすがに上から覗いていてもわかります。

水槽ではないため横から観察できず発見が遅れてしまいました。

細菌感染症(おそらくエロモナス症)だと思います。






2匹目

100219-6


100219-7

イチモンジタナゴのオスです。



こちらも同じ状態ですね。










2匹まとめてです。

100219-8


こんなになるまで気づけなかったことに後悔しています。





慌てて治療用の薬を買いに行きました。



近くのペットショップでエロモナスに効く薬を尋ねるとグリーンFゴールドが最も効くと強く勧められました。

私はフレッシュリーフを購入しようかと考えていたのですが店員さんがあまりにも強く勧めてくれるので負けて買ってしまいました。



100219-9

1580円でした。




さっそく隔離したイチモンジタナゴ2匹とタイリクバラタナゴ1匹のいるプラ容器に規定量より薄めにして投入しました。


しばらく様子をみます。




なんとか元気になってほしいです ( > < )




スポンサーサイト
  1. 2010/02/19(金) 23:10:41|
  2. 水槽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<23cm水槽ーゼゼラはかわいい | ホーム | 23cm水槽ー黒い板>>

コメント

2匹同時にということはイチモンジ
は感染率が高いのでしょうか・・・。
きっと他の種と比べて脆弱性が高いから
種そのものが稀少化して、少なくなって
きているのかもしれませんね。
早く元気になってくれると良いですね。


滋賀県は少々遠征ぎみなんですよ。。。
やっぱりそれなりに構えてしまいます。
滋賀県とはいえ、何も知らずに行って
何度か涙した事もございます。
(今でもよくわかっておりませんが・・・)
にっし~。さんこそ聖地:岡山がお近いの
ではないです?
またぜひご一緒したいですね。
  1. URL |
  2. 2010/02/20(土) 07:02:17 |
  3. 四国六郎 #-
  4. [ 編集 ]

Re:

こんばんは、四国六郎さん。
そうですね、イチモンジが種として弱いのかもしれません。
他魚は何もないわけですからね。
とにかく元気になるように手を尽くすだけです。

滋賀は気軽に行ける距離ではないですね(苦笑)
岡山は何度か行ってますがまだポイントを2箇所しか見つけてません。
今年は色々探ってみたいです。
岡山は田舎って感じですごく落ち着きますよ ( ^ ^ )/
  1. URL |
  2. 2010/02/20(土) 21:04:14 |
  3. にっし~。 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osakana101.blog53.fc2.com/tb.php/233-8f9e8997
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

にっし~。

Author:にっし~。
兵庫県在住です。
このブログもとうとう8年目に突入しました。
まさかここまで続くとは(笑)

日本淡水魚は大好きです。
その中でもタナゴはやはり別格ですね。
釣り・繁殖・婚姻色などなどいくつも楽しみがあります。
他には水中写真にも力を入れています。

ただ、周りで淡水魚の釣り・採集・飼育いている人はほとんどいません。
ですので、当ブログで淡水魚に関する意見交換ができればと考えていますm(_ _)m

記事中の色分け
紫色:中層魚、赤色:底物、緑色:甲殻類
水色:両生類、青色:リンク

使用カメラ
SONY α99
OLYMPUS OM-D E-M5(水中)

お知らせ

①写真販売:フォトライブラリーにて 写真素材-フォトライブラリー 
写真素材-フォトライブラリー

にっし~。のページ
主なコンテンツ
淡水魚メダカタナゴ水中夕日
興味のある方はどうぞご覧下さい。

最新記事

カテゴリ

総集編 (25)
飼育 (245)
水槽 (205)
稚魚容器 (40)
ガサガサ+釣り (374)
大阪 (34)
兵庫 (217)
岡山 (29)
京都 (17)
滋賀 (12)
四国 (13)
関東 (16)
北陸 (6)
九州 (19)
その他 (11)
水中写真 (182)
フィルム撮影 (54)
お魚図鑑 (24)
水族館 (12)
人工授精・産卵 (12)
そら (50)
旅行・風景 (11)
カメラ・レンズ関係 (22)
自作ボディキャップレンズ (7)
写真集 (2)
色々 (57)
未分類 (0)

関連書籍

現在なし

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード