趣味はと聞かれれば淡水魚と答えます!!

このブログではフィールドでのガサガサ・釣りを報告します。メインはお魚さんです。

人工受精ー2011年のタナゴ人工授精繁殖まとめ② 第二回目 「試行錯誤」

今日の雨はすごい勢いですね~ (; ^ ^)

さて、今年の人工授精のまとめです。




第二回目 「試行錯誤」  です。



前回、記事に書いたように人工授精の失敗が続きました。

特にセボシタビラは浮上期まで生かすこともできないという惨状でした。

条件は約1Lのガラス製金魚鉢、無加温、玄関の靴箱に静置 です。




まずは、原因を考えました(特にセボシタビラに関してです)。


大きく分けて二つが考えられると思います。


・温度変化
 無加温ということもあり、昼と夜で温度差が激しかったのかもしれません。
 20~25℃の間での振れがありました。


・水質悪化
 金魚鉢に入れていることもあり、仔魚の排泄物で水が汚れたかもしれません。
 また、卵の数が多すぎて水質悪化が予想以上に進んだ可能性もあります。





対策①

まずは、水質悪化の対策を行いました。
金魚鉢に卵を2~3個と少なくし、今までと同条件の無加温、玄関の靴箱に静置で様子を見ました。

しかし、受精後 約5日ほどで死亡しました。
失敗です。

5月に入ってからは受精しても一週間もたずに全滅することが続きました。








対策②

もしかしたら、水温の影響の方が大きいのかと考えました。

そこで以下のような状態で様子を見ました。


110704-1




110704-2

金魚鉢



110704-3

網板(実際に使用したのは56cm×26cmサイズ)




60cm水槽に水を1/3ほど入れ、ヒーター・ポンプを設置し、25℃で保温を行いました。

図のように台の上に網板を置き、さらにその上に金魚鉢を置き、半分ほど水に浸漬している状態にしました。


そして、全体を黒布で覆いました。


しかし、このときも受精後 約5日後に全滅しました。

金魚鉢を取り出し、水を観察しても目視ではほとんど汚れていませんでした。








対策③

単純に温度と水質が原因でないかもしれないと考え、次に水を循環させることを行いました。

そこで用いたのがこいつです。

110704-4

プラスチックチューブです。


底と壁面にキリで穴をあけました。



ネットの情報で仔魚の動きを抑制すれば浮上率が上がったとの記述がありました。

それを参考にしました。



上の図から金魚鉢を除き、網板に引っ掛けました。


うまくいくと思いましたが、問題点が出てきました。

・取り付けが面倒なこと。
・ポンプの水流でプラスチックチューブが安定せず揺れていること。
・チューブが透明ではない(若干白色)ため中の仔魚の確認がしづらいこと。
・水の通り道である穴が小さいため十分な水の循環が行われていないこと。


特に最後の点が問題で、浮上期に達する前に仔魚が死んでしまいました。








色々と試しましてが、どれも浮上までいきませんでした。

しかし、水温・水質が重要なのはもちろんですが、水の循環がより大きなポイントになっているように感じました。


その点を加味して、次に活かしたいと思います。





つづく。


次は、第三回目 「成功 金魚鉢沈降法」  です。




スポンサーサイト
  1. 2011/07/04(月) 22:09:04|
  2. 人工授精・産卵
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<人工受精ー2011年のタナゴ人工授精繁殖まとめ③ 第三回目 「成功 金魚鉢沈降法」 | ホーム | 人工受精ー2011年のタナゴ人工授精繁殖まとめ① 第一回目 「失敗」>>

コメント

なかなか苦戦されてますねえ(><)

そういえば今はmixiをやめてる方なのでリンクが見つからないのですが、たしか昔かなりニッパラの人工繁殖を成功されていて、その時は良いヨークサックを持たせることが重要だと言ってましたね。

孵化したてのブラインシュリンプをしっかり与えたり植物質の餌も与えたりと気を使っていた気がします。

朝忙しいとなかなかブライン準備するのもしんどいですけどね(^^;;
  1. URL |
  2. 2011/07/06(水) 00:53:00 |
  3. ひろ #SGnePlu2
  4. [ 編集 ]

Re:

こんばんは、ひろさん。
ヨークサックですか~。
親の状態にも起因しているということですかね。
そこまで考え出すとたいへんかもしれません (; ^ ^)
貴重な情報なので、これから気を付けていきたいと思います ( ^ ^ )/
  1. URL |
  2. 2011/07/06(水) 21:53:49 |
  3. にっし~。 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osakana101.blog53.fc2.com/tb.php/449-762a8f33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

にっし~。

Author:にっし~。
兵庫県在住です。
このブログもとうとう8年目に突入しました。
まさかここまで続くとは(笑)

日本淡水魚は大好きです。
その中でもタナゴはやはり別格ですね。
釣り・繁殖・婚姻色などなどいくつも楽しみがあります。
他には水中写真にも力を入れています。

ただ、周りで淡水魚の釣り・採集・飼育いている人はほとんどいません。
ですので、当ブログで淡水魚に関する意見交換ができればと考えていますm(_ _)m

記事中の色分け
紫色:中層魚、赤色:底物、緑色:甲殻類
水色:両生類、青色:リンク

使用カメラ
SONY α99
OLYMPUS OM-D E-M5(水中)

お知らせ

①写真販売:フォトライブラリーにて 写真素材-フォトライブラリー 
写真素材-フォトライブラリー

にっし~。のページ
主なコンテンツ
淡水魚メダカタナゴ水中夕日
興味のある方はどうぞご覧下さい。

最新記事

カテゴリ

総集編 (24)
飼育 (245)
水槽 (205)
稚魚容器 (40)
ガサガサ+釣り (367)
大阪 (34)
兵庫 (215)
岡山 (29)
京都 (17)
滋賀 (12)
四国 (13)
関東 (11)
北陸 (6)
九州 (19)
その他 (11)
水中写真 (180)
フィルム撮影 (54)
お魚図鑑 (24)
水族館 (12)
人工授精・産卵 (12)
そら (50)
旅行・風景 (11)
カメラ・レンズ関係 (22)
自作ボディキャップレンズ (7)
写真集 (2)
色々 (57)
未分類 (1)

関連書籍

現在なし

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード