趣味はと聞かれれば淡水魚と答えます!!

このブログではフィールドでのガサガサ・釣りを報告します。メインはお魚さんです。

水中写真155 兵庫県 T川 (標準) タイリクバラタナゴ、ギンブナ  141213


2014/12/13 の水中写真です。


冬でも負けずに頑張っております。

ただ、そろそろ心が折れそうです(笑)

潜るには寒いかな~ (; ^ ^)




さて、ポイント1です。

141223-1

大きな岩の下に雑魚が集まっていました。

ざっと見ただけで、ヤリタナゴタイリクバラタナゴカワムツギンブナニゴイイトモロコがいました。

近づこうとすれば逃げていきます。

なので時間をかけてゆっくり寄りました。








まずは、

141223-2

イトモロコです。

細身の美人さんです。









次に、

141223-3

カワムツです。

上流から下流まで生息域がほんとうに広いです。









そして、

141223-4

ニゴイです。

意外とのんびりした性格のように思います。












少し場所を移動しました。

ポイント2です。

141223-5

ここは岸辺近くで、底質が砂です。








まずは、

141223-6






141223-7

雑魚の群れです。

すごい大群でした。

一匹が逃げ出すと、その後に続いて次々を泳ぎだします。

”逃げないで~”という心の声は聞こえていないようです。









そして、

141223-8






141223-9

タイリクバラタナゴです。

メス個体ですね。

水草の陰に隠れてもしばらくすると外へ出てきます。

ただ、待ってる間は寒い!!










またまた、少し移動です。

ポイント3です。

141223-12

倒木やテトラをうまく利用しながら、うまく生活しているようです。

例年ならこの時期はもっと水質が良くなっているはずなのですが、最近の雨で濁っています。

冬は透明度が上がるので寒いとわかっていても、水面を覗いてしまいますね♪










まずは、

141223-14

ギンブナです。

地味ですが、そこに味があります。







次に、

141223-13

オイカワです。

陽光に照らし出されています。








さらに、

141223-15

ムギツクです。

もっと近づきたかったのですが、体勢を整えていると逃げられました(笑)






こんな感じです。

いや~、寒い!

でも楽しい!

水中は賑やかで、気持ちの良い空間が広がっていました (\^ ^\)


ではでは~。








成果
・イトモロコ
・カワムツ
・ニゴイ
・タイリクバラタナゴ
・ギンブナ
・オイカワ
・ムギツク







今回のお気に入りの一枚!!

141223-9







撮影機材
カメラ:OLYMPUS OM-D E-M5
ハウジング:Nauticam OMD
レンズ:OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO
ストロボ:INON S-2000 ×2



スポンサーサイト

テーマ:川・河・池・沼の生き物達 - ジャンル:ペット

  1. 2014/12/23(火) 18:14:21|
  2. 水中写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<改造マクロレンズ (OLYMPUS M.Zuiko Digital 14-42mm F3.5-5.6 Ⅱ) | ホーム | 水中写真154 兵庫県 T川細流 (フィッシュアイ、コンデジ)  141206>>

コメント

川人(かわんちゅ?)(^-^)/

おはようございます。
寒かったでしょう(^_^;

ちょうど冷え込んだ週でしたから、瓶猫も慣らしのつもりで川には入りましたが、長くは浸かれませんでした。指先の感覚なんてすぐにヘンになって、痛くて(^_^;) やっぱりホームセンターのゴム手ではダメでしたね(笑)
レジのおばちゃん、最高級品の安売りダカラ値打ちがあるとか、普段はこんな赤札ゼッタイない(なんてことない年末売りつくし)って言ってたけど( ・∇・)

カメラはクチグルマに乗らないようにしようと.....(今だけ、アナタだけに弱い自分がいるので 笑)思います。

この時期に 川に浮いてるのは私たちぐらいでしょうけど、日中の川べりや土手の上なんかにも人の姿を見なくなりました。
あまり寒いので 休日の日課のガサガサをいちど済ませて家にもどり、あらためて陽がさしてからウチを出るようにしてます。
川にいる時間が増えました(^^)
もうリッパな川人ですね。

  1. URL |
  2. 2014/12/24(水) 07:40:54 |
  3. 瓶猫 #-
  4. [ 編集 ]

やはりこの時期は、深みに種々雑多たむろして居そうですね~?
水温も、川の底の方が暖かいですか?
  1. URL |
  2. 2014/12/24(水) 22:01:26 |
  3. Cervo_SR #k8.8F176
  4. [ 編集 ]

Re:

こんばんは、Cervo_SRさん。
深みや岩の陰には大群で群れていますよ。
タナゴ、フナ、モロコなどが多いように思います。
見つけたときにはテンションが上がりますよ ( ^ ^ )/

水温は正直わかりません(笑)
私はスノーケルで水面を漂いながら撮影しているので、1m程度深くても変わらないように思います。
寒いですが、ガサにはいい時期かもしれませんよ (\^ ^\)
  1. URL |
  2. 2014/12/24(水) 23:16:54 |
  3. にっし~。 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 川人(かわんちゅ?)(^-^)/

こんばんは、瓶猫さん。
寒かったです(笑)
川人になれてるでしょうか?
まだ、自信がありません(笑)

下流域の水温はそんなに低くはないかもしれませんが、上流域はおそらく耐えられないと思います。
防寒用品はしっかり吟味しないといけないと身に染みました。
確かにすっかり川周辺で人を見かけなくなりましたね。
一年中、川に足が向いてしまいます。
寒さに負けずに頑張りましょう!
  1. URL |
  2. 2014/12/24(水) 23:22:15 |
  3. にっし~。 #-
  4. [ 編集 ]

ガサガサは日課です(^-^)

こんばんわ♪

Cervo_SRさん 北海道でしたよね
ρ(・・、)
マサカ 潜るつもりじゃ?

瓶猫がよく潜る沢の水は、真夏でもちょうど背丈くらいの水深から下はかなり危険なほど低温です。冬場は水面が凍っても、
その下の流れのある表層が温かく、水底はきっと氷温だと思いますよ(^_^;)
砂や藻のある浅いところでは外の気温によっては水面近くが冷たく、底のほうが温かいこともあるのでしょうけど。

瓶猫は、大飯喰らいのアマゴなんかを数種類飼育してるのでガサは日課です。雨のあとの増水以外は仕事の日にも家に帰ったあと深夜でも川に入ります。

ルアーやフライもやりますが、北海道の川にまでは さすがに行けてないです(о´∀`о)
にっし~。さん と同様、未知の淡水魚の生態系には アコガレますねぇ。いつか訪れてみたいです。
  1. URL |
  2. 2014/12/25(木) 22:28:56 |
  3. 瓶猫 #-
  4. [ 編集 ]

Re: ガサガサは日課です(^-^)

こんばんは、瓶猫さん。
渓流魚を飼育するとやはり餌の確保が課題ですね。
毎日ガサされているのはさすがです。
そうそう深夜ガサしたことがないのですが怖くないですか、何か出そうで(苦笑)

それだけ手間暇かけて育てると、懐いてくれそうです。
考えてると私も飼育したくなりますよ ( ^ ^ )/

  1. URL |
  2. 2014/12/27(土) 21:21:16 |
  3. にっし~。 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://osakana101.blog53.fc2.com/tb.php/890-1391ceda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

クラシック・アナログ時計

プロフィール

にっし~。

Author:にっし~。
兵庫県在住です。
このブログもとうとう8年目に突入しました。
まさかここまで続くとは(笑)

日本淡水魚は大好きです。
その中でもタナゴはやはり別格ですね。
釣り・繁殖・婚姻色などなどいくつも楽しみがあります。
他には水中写真にも力を入れています。

ただ、周りで淡水魚の釣り・採集・飼育いている人はほとんどいません。
ですので、当ブログで淡水魚に関する意見交換ができればと考えていますm(_ _)m

記事中の色分け
紫色:中層魚、赤色:底物、緑色:甲殻類
水色:両生類、青色:リンク

使用カメラ
SONY α99
OLYMPUS OM-D E-M5(水中)

お知らせ

①写真販売:フォトライブラリーにて 写真素材-フォトライブラリー 
写真素材-フォトライブラリー

にっし~。のページ
主なコンテンツ
淡水魚メダカタナゴ水中夕日
興味のある方はどうぞご覧下さい。

最新記事

カテゴリ

総集編 (25)
飼育 (245)
水槽 (205)
稚魚容器 (40)
ガサガサ+釣り (374)
大阪 (34)
兵庫 (217)
岡山 (29)
京都 (17)
滋賀 (12)
四国 (13)
関東 (16)
北陸 (6)
九州 (19)
その他 (11)
水中写真 (182)
フィルム撮影 (54)
お魚図鑑 (24)
水族館 (12)
人工授精・産卵 (12)
そら (50)
旅行・風景 (11)
カメラ・レンズ関係 (22)
自作ボディキャップレンズ (7)
写真集 (2)
色々 (57)
未分類 (0)

関連書籍

現在なし

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

このブログをリンクに追加する

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード